2011年 02月 08日

ツアーガイド

今日は運転手兼野鳥ガイドで・・・
車にレンズを続けて破損した気の毒な御仁の鳥友&飲友を乗せて彩の国へ
公園に着くなり頭上を越えて目の前にキレンジャクが降り立ったのにはビックリ。
私のレンズは彼に貸し、私のレンズは妻に借り・・・
厄介な鳥撮りとなる。
幸か不幸か目の前に降りてしまったので、私の借り物の4/4 DO ×1.4 でも 近過ぎて・・・
f0135157_22253517.jpg
f0135157_22255466.jpg
f0135157_2226993.jpg

縦位置にトリミング  (他はノートリミング)
f0135157_22262241.jpg
f0135157_22263515.jpg

30分程で飛び去って、その後は近くに寄ってはくれなかった。
我々も別の場所に移動、暫くすると遠方の樹の天辺に7羽のヒレンジャクが・・・
その後11羽になって戻ってくるが、近くには着てくれず。
彩の国の他の場所へ移動しようと車に戻ると、コミミに行きたいとせがまれ移動する。

現場に着いて寒いので休憩、カメラを出して1時間ほどするとすぐ土手の下のにコミミが顔を出す。
こんな状態で5時前まで経っても変化無し、300m先では先に止り木に出てる。
f0135157_22354743.jpg

次第に暗くなって来るが一向に飛び出してはくれない。
ボウズで帰るのも悔しい!
幸い今日は家内の借り物ヨンヨンなので300m先へ軽快に足を進めて撮ったコミミ
やけに黒っぽい茶色に驚く。
f0135157_2240485.jpg

元居た場所に目をやるとみんなで撮り始めてる、慌てて戻ると
こちらはこんなに白い 
ヨンヨン、エクステンダー無し
f0135157_2329156.jpg

最後に自分のロクヨンで  エクステンダー無し 
f0135157_23293272.jpg

いずれもトリミング比率、シャープネスは同じ。
ロクヨンに対してヨンヨンの重量は4割以下、楽に担いで走れる・・・
やっぱり重くてもロクヨンが良い バックのボケ味が全然違う

by yoshiaki-satow | 2011-02-08 23:04 | 冬 鳥


<< キガシラシトド      キレンジャク >>