野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 03日

Manfurotto Nitrotech

早速雲台の初体験に出掛けて来ました。
首都高湾岸線に乗りベイブリッジを過ぎ、羽田を過ぎても渋滞も無く順調、東か北か?
確率の高い方の北を目指して、10時半に到着すると満杯のカメラマンに圧倒される。

写真は11月25日撮影
f0135157_21115023.jpg
f0135157_21172655.jpg
f0135157_21175124.jpg
f0135157_21181950.jpg
15:38 塒入り
f0135157_21185768.jpg
マンフロットの雲台ですが、早速我がヘボブログを見て頂いた多摩の鳥友さんが現地に着くや待ち受けて居てくれて
挨拶後に開口一番! 例の雲台は?
色々と説明後、3時半を過ぎても一向に現れない!? もしや? 不穏な空気が・・・
出ました! 数時間待って2,3分無事に撮影が終了。。。

雲台の感想:ザハトラにはネームバリューで勝るとも劣らず、実際の使用感でも劣るところも感じられず、絶対にお勧めです・・・
カウンターバランスは水平には戻りませんが、だらーんと上を向いたり頭が垂れたりせず離したところに固定して不具合は感じず
金額的な面からは素晴らしい出来具合に感じました。

帰りは渋滞が全くなく順調でしたが、最後に裏切られました、首都高湾岸線のつばさブリッジ(ベイブリッジんの川崎側)
5キロ手前でストップ、通過するのに1時間、利用者への配慮が全くなくナビで2キロ先に渋滞が発生の知らせだけでした。
東名などでは道路の路肩に車を止めて案内掲示板を出して居ますが、首都高は一切ありません(激怒)

追記:取説にはプロによる撮影を使用目的としてます。と記されてます。
   使用温度範囲:-15~+50℃
   保管温度範囲:-20~+60℃
   最大ガス圧:88バール(20℃時)(重量調整ピストンには窒素ガスが充填?)
   自重2.2㎏
とあります、利用者の責任でご使用下さい。











by yoshiaki-satow | 2017-12-03 21:40 | 分類なし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ハイイロチュウヒ      マンフロット雲台 Nitrotech >>