野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:冬 鳥( 193 )


2009年 03月 16日

冬鳥または旅鳥

図鑑にはそう有りますが、迷い鳥のような気がしますが、横浜では3年おいて2度目、こうなると冬鳥かなって?  もう一度来てくれたら、冬鳥に間違いなし。
今度は、自然の環境で注目を(レンズの放列を)浴びてます)。
この調子ですと春先まで滞在してくれそうです。
f0135157_20393015.jpg
f0135157_20394164.jpg

胸の赤みが増してくれると良いですね。
キジの親分も見方してくれてるようです(勝手に解釈)
f0135157_20414359.jpg

    

by yoshiaki-satow | 2009-03-16 20:44 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 09日

レンジャク

今日は友人の1回忌なので、不謹慎では有りますがほんの少し・・・
先日リサーチをして居たので下に行くと、誰も居ません、そして上に行くと一人・・・
まだ早かったのかな? 
車を置いて撮影地に行くと、こるりさんとrogiさんが頭上の木に群れが止まって、下がって撮ったとか?
待つこと暫く、いつもの空抜けの樹に10っ羽ほどの群れがやって来るが、不幸にも樹の裏側へ。
こるりさんに誘われて下へ。 待つこと30分? ボウズでも、もう帰らなくちゃ。
やっと、やって来ました。 急斜面の、その場所では三脚の脚を不揃いに伸ばして水平を保つ。
f0135157_2045548.jpg

空抜けは免れたものの、ひどい枝被り。
グチャグチャです。 懸命に枝の隙間を探します。
足場は悪く、急勾配なのでポイントが見つかりません。
f0135157_2047198.jpg

おーい! こっち向いてよ! 
私の声が聞こえました!
後ろ髪を引かれる思いでその場を去りました。

by yoshiaki-satow | 2009-03-09 21:01 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 05日

ヒレンジャク

偶然にも黄色いのが撮れたので、レンジャクはもう良いかな? って。
でも、やっぱり赤いのも撮りに行こう! 意見が一致。
現場に着いてびっくり。 100人ほどのカメラマンがAとBの二手に別れてレンズを向けてる。
カメラを構える隙間も無い。 先着のe-goenさんと うさぎさんに会える。
最初にAでポイントを探してもカメラが置けない。 
それではとBのポイントに移動。こちらの方はなんとかカメラが置けて撮影が出来た、でもこちらは見上げがきつい。 
hamanoさん、2年ぶりでしょうか? お元気でなによりでした。
f0135157_1747016.jpg

どうもプックリ姿で残念。
f0135157_17485254.jpg

f0135157_17512292.jpg

見返りを撮りたいな!  やったー! 聞こえたのかな?
f0135157_17522787.jpg

f0135157_17542058.jpg

f0135157_1804492.jpg
f0135157_181472.jpg

今年レンジャクは当たり年のようです。 

by yoshiaki-satow | 2009-03-05 19:36 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 03日

紅梅にキレンジャク

5度目にしてようやくコイカルに会える。
現場に着くと一人の顔見知りのカメラマンが椅子に掛けて前方を見てる。
カメラをセットする前に声を掛けると、出てますよ! と気持ちの良い返事が返ってくる。
すわっ! 急げ! ビリでカメラをセットして小走りに歩み寄ると、確かに沢山のイカルが樹上に止まってる。
暫くすると一羽二羽とイカルが地面に降り立ってくる、次第に数は増し20羽位が降りてくる。
何かに驚き、一斉に飛び上がってしまい、その中の一羽が上手いことに近くの紅梅に止まってくれる。
然しながらすぐに飛び立ってしまいガッカリ。
カメラから眼を離すと、同じ紅梅の右側にもう一羽が止まってる、すぐさまファインダーに取り込むと、尾羽が黄色い!
キレンジャクだあ! 
f0135157_20244571.jpg

私のカメラからは17メートルほどで目線より少し上の距離、幸いエクステンダーを外しておいて良かった。
f0135157_21173641.jpg

横位置では紅梅が沢山入ら無いのですぐさまカメラを立て位置に・・・ノートリミングで丁度良い。
f0135157_21182611.jpg

飛び出しかな?
f0135157_21185138.jpg

こちらもノートリミング。 ただ、右向き左向きのワンカットでしたが私はもちろん皆さんも大満足でした。
f0135157_2119158.jpg

こんな偶然って?  コイカルに夢中になっていた私達は、あのコイカルもどきが梅に止まってくれなかったら、きっと誰も気が付かなかったでしょう。
11人のラッキーズ カメラマンでした。

by yoshiaki-satow | 2009-03-03 20:11 | 冬 鳥 | Comments(4)
2009年 03月 01日

コイカル

5回目にしてやっと撮れました。
2~30羽の群れの最後のほうにやって来ます、警戒心が強いのでしょうか?
イカルとの大きな違いがやっと分かりました。
色の違いに、黒頭巾の大きさ、風切羽が白いなどなど。 逆に大きさは図鑑ほどの違いは無いように見えました。
f0135157_2243353.jpg


f0135157_22461219.jpg


f0135157_22465193.jpg


f0135157_2247264.jpg

紅梅にコイカルが乗った!・・・
この鳥は風切羽に白い斑点が二つあり、コイカルもどきと呼ばれてる。 ガックリ!
f0135157_224757100.jpg

しかし、この鳥が去ってしまうと、なんと同じ紅梅の右側には黄色いのが・・・ 
信じられない光景が!

by yoshiaki-satow | 2009-03-01 22:51 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 02月 25日

また来てくれました!

数少ない冬鳥? って本当でしょうか?
前回、もう一生見られないと思っていたのに3年ほどで会えるとは?
やっぱり冬鳥になるのでしょうか。
発見されて間もないので驚きました。
f0135157_21413250.jpg

f0135157_21415174.jpg

残念ながら、今日は天気も悪く、葦を刈った泥地を行ったり来たり・・・
なかなか絵にはなりません。 せめて葦にでも止まって欲しいと願ってましたが、通じません。
f0135157_21451867.jpg
f0135157_21453795.jpg

今週は雨模様の毎日、平日カメラマンにはサブイ鳥撮りですね。
f0135157_21481141.jpg
f0135157_21483077.jpg
f0135157_21485369.jpg

f0135157_21212623.jpg

こちらの公園ではフェンスでがっちりガード、餌付けは出来ません。
自然の写真が撮れます。 その代り泥地に、葦原が主で枝とまりは期待できません。
ほかに、水鳥、セッカが見られました。

by yoshiaki-satow | 2009-02-25 21:50 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 02月 07日

アイアイサ

久し振りにこるりさん夫婦と長野へオオワシを見に同行です。
湖にはミコアイサやカワアイサ、そのほか沢山の水鳥が泳いでます。
f0135157_20232411.jpg

f0135157_20251783.jpg

f0135157_20253493.jpg


気が付くと湖面にはあれほど沢山居た水鳥がほとんど消えてます。
しばらくすると湧いてくるように沢山顔を出します。
水中のワカサギを取ってるのでしょうか。
遠方からボートがやって来ます、何故かボートは鳥達の方に向きを変えました、すると水鳥たちは一斉に飛び立ちます。
f0135157_20301754.jpg

慌てている様が良く分かります、パニックに近いようです。
f0135157_20303881.jpg

f0135157_20313759.jpg
f0135157_2031525.jpg
f0135157_20321918.jpg

考えてみたら、水鳥たちはワカサギ漁の大敵なんですね。
特にミコアイサやカワアイサのアイサ混軍が大敵だそうです。
これらを追い払うためにボートや鉄砲の発砲音で威嚇してるようです。

目的のオオワシの撮影場所を現地のカメラマン教わり対岸のオオワシポイントに着くや、地元のカメラマンに、“来るのが5分遅かったよ!”って。

このところ空振、ボーズの連続・・・ はるばるやって来たのにまた今日もです。
翌日は至近距離で3時間、撮り放題だったそうです。 ツイテ無い!

帰りがけのお土産にアトリさん、ゴジュウカラさんです。
f0135157_2182114.jpg

f0135157_2184742.jpg

f0135157_21953.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-02-07 02:18 | 冬 鳥 | Comments(6)
2009年 01月 24日

冬の使者たち

アトリの超大群を見て唖然としました。
そして隣ではシメの大群2~300は居るのでは無いでしょうか。
アトリを狙っていると手前に一羽、カワラヒワが小枝に止まってくれてます。
f0135157_19523545.jpg


こちらはアトリに比べると体調も大きく、その分動きが緩慢、枝とまりをなんとか狙ってみました。
f0135157_19483399.jpg

f0135157_19533938.jpg

アトリとは違い、ゆったりしてます、セカセカしてません。
f0135157_19552687.jpg

f0135157_19561267.jpg

まともに撮ったことの無いシメさん、ありがとう。 ごっつい顔が可愛かったよ!

by yoshiaki-satow | 2009-01-24 13:58 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 01月 24日

冬の使者たち

今日も冬の使者達に会いに出掛けました。
数百羽のアトリ、もちろん初見、初撮りです。 先週のイカルは2、3百羽、今回は千羽とも聞きました。 恐ろしいくらいの数です。
まだ日本に来たばかりなのでしょうか? そして、これから散らばって行くのでしょうか?
f0135157_2216224.jpg
f0135157_2216334.jpg
f0135157_2216589.jpg

とにかく団体さんご一行なんです。
f0135157_21425581.jpg

やっと少ないのが撮れました、非情に難しかった!
f0135157_2144552.jpg

違うのも混じってました、何でしょうか?
f0135157_21461613.jpg

f0135157_21465920.jpg

野鳥撮影を初めて、干潟や海岸での水鳥の数の多さには驚きませんが、山鳥の、この数には驚きでした。 こんなに沢山の小鳥を目の前で見たのは初めてです。

by yoshiaki-satow | 2009-01-24 09:06 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 01月 02日

オオワシ

お山は霙(みぞれ)です、低い山なのに上は霙、下は雨でした。
何故か口を良く開けてました、昨日はカモ料理だったらしいけど、今日は断食、何度漁に出掛けても空振ばかり。
すきっ腹で、せめてみぞれアイスでも口に入れて飢えを凌がなければ?
f0135157_1741985.jpg


f0135157_17444778.jpg

f0135157_17465479.jpg

f0135157_17472792.jpg

f0135157_17482572.jpg

f0135157_17515019.jpg


ちょっと変わった光景を見ました。 空振漁からの帰りに上空でこちらに向かって羽ばたいて向かって来る途中、あの大きなオオワシがロールをしたのです。あっと言う間の出来事なので残念ながら連写出来ませんでした。 (注:ロールとは進行方向を軸に身体をねじりながら1回転させます、実機戦闘機でもパイロットの試験に有ります)
真っ直ぐに飛んでます。
f0135157_17582264.jpg

あっと思った瞬間に身体を左にねじってます。
f0135157_1801541.jpg

次の瞬間には元の体勢に戻りました。 足が開いて不安定ですが・・・
f0135157_181139.jpg

こんな光景を2度見ました。 
ラジコンヘリで経験がありますが、難しいです。

オオワシのロールは?何のためでしょうか?遊びなのでしょうか? 

 

by yoshiaki-satow | 2009-01-02 14:34 | 冬 鳥 | Comments(2)