<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 22日

シマエナガ

二人のお姉さまが、シマエナガを絶対に撮らないと北海道に来た意味がないと!
くたびれ果てて9時に入って3時過ぎ、4㌔以上(いや5キロ以上)ロクヨン担いで歩いて一日が終わろうとしてる、出口の駐車場50m手前でエナガの鳴き声が聞こえる。
f0135157_2127592.jpg


More クリックすると、もっと画像が見られます。

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 22:01 | 留 鳥 | Comments(6)
2008年 04月 22日

シロハラゴジュウカラ

エゾならでわの鳥さん。
囀りが盛んで、鳴き方もいろいろ。 
f0135157_21162542.jpg

目の前の樹に止まり焦りました。

More クリックすると、もっと画像が見られます。

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 21:23 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 22日

エゾアカゲラ

奥の方の三叉路で猛烈な叫びが? エゾアカゲラのバトルでした。
f0135157_2122944.jpg


More

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 21:10 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 22日

キバシリ

去年の場所では見つからず。
野幌森林公園へ、とにかく広い。 ロクヨンを担いで4㌔強を歩く、もちろん一日掛かり。
季節は5月の中旬以降が夏鳥の旬。
f0135157_20515552.jpg

最初の発見はこるりさん。

More

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 20:55 | 漂 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 22日

キクイタダキ♂

ほとんど鳥が見られず意気消沈してる時に、つぐみさんが発見!
しかも目線の松の木に、距離は10数メートル。 
f0135157_202823100.jpg


More

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 20:29 | 漂 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 22日

ハシブトガラ

コガラとの区別が付き難いそうですが、囀りが違うのでは?
関東では聞かれない囀りのように思えます。
f0135157_2055799.jpg


More

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 20:13 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 22日

ミヤマカケス

今回の札幌は、故 obara 氏の墓参を兼ねてのヒトっ飛び撮り紀行でしたので、時間的な制約で予定も入れ替わり思いの他の行動となりました。
空港から現地へ直行。
去年はツキノワグマの出没区域へ入ってヨンヨンでの撮影でありましたが、今年はロクヨンを担いで出かけたので、奥の方まで行くのを止めて近場から。
行くなりいきなりミヤマカケスが近距離の樹に止まる。
f0135157_19515540.jpg

背景の枝がまことに五月蠅いですが、我慢我慢!

More

by yoshiaki-satow | 2008-04-22 19:59 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 15日

コジュケイ

番のコジュケイが仲良く茂みから出てきて、東屋の柱のところにやって来る。
幸いカメラマンは名残のオジロビタキを待っていて反対方向に目をやってる。
f0135157_19213380.jpg


More

by yoshiaki-satow | 2008-04-15 19:16 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 04月 06日

銚子の外れまで!

久しぶりにケイタイ目覚ましの助けを借りて。
と言っても緊張のせいか予定の時間よりも20分も早く目が覚めてしまい、ケイタイ目覚ましの時間を確認すると、なんと1時間勘違い。 危なく寝坊をするところでした。
今日は久しぶりにヤイロチョウさんとこるりさんのスタメン。

f0135157_21444698.jpg

今日の主目的はケアシノスリ、ついでに 超珍鳥のウミバト 水鳥野鳥ファンにはお叱りを受けること必至を覚悟での撮り日記です。 

More

by yoshiaki-satow | 2008-04-06 21:35 | 冬 鳥 | Comments(2)
2008年 04月 05日

カラフトムシクイ

ひと月ぶりにカラフトムシクイに会いに行って来ました。
駐車場に8時半到着。 現場に着くや見慣れた方が一名? 横浜のM公園でよくお会いする徳利屋さんが先に撮影中。
f0135157_19282534.jpg

相変わらず動きが激しくて付いて行くのが至難の技。
この時期にまだ待っててくれて良かった、そして囀りが聞かれて良かった。
二羽のカラフトムシクイが距離を置いて囀っているのでステレオ効果抜群。

More

by yoshiaki-satow | 2008-04-05 19:50 | 迷 鳥 | Comments(2)