<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

タマシギ父子

今朝は、久しぶりにまあまあの天気、一人で出かけようと支度を始めるといきなり晴れだしてきた。
現地に着くとカメラマンが十数名、休耕田のまん前に車が2台横付になってカメラマンがあふれて道をふさいでしまってる。 車が来たらどうするのかと不安が過ぎる。
カメラを支度しないで様子を見に出かける、30分位すると小さな休耕田の真ん中辺りにタマシギ父子が餌取りを始めてる。 急いで車に戻りカメラを支度して、後列から撮り始めるや否や、向こうから軽トラックが来ると運転手が降りてきて、「農道がグチャグチャになって砂利を引かなくてはいけなくなってしまい費用が掛かってしまう、皆は遊びで良いが!我々は仕事で使ってるんだ、然るべきところに訴える!」 と立ち去ってしまう。
とうとうクレームが付いてしまった。 その時点ですぐに撮影を断念、急ぎ帰りました。

これが最後の撮影になってしまいました。
f0135157_115150.jpg

f0135157_1151762.jpg

f0135157_1154435.jpg


by yoshiaki-satow | 2008-08-31 11:23 | 留鳥-漂鳥 | Comments(6)
2008年 08月 30日

ケリ

このところ気象の不安定な日が続いてます。
やっと来た週末が生憎の天気、予報では未明から一日雨模様、それも非常に不安定(神奈川では大雨洪水注意報が発令中)未明に目が覚めると雷鳴に大雨。
今日は骨休め! と決めこんで寝ようとすると仕事のことが頭を過ぎって不安になり眠れなくなる。
鳥見は諦めて仕事に出かけよう! 
いつもより1時間遅い起床。 雨は降ってない! とりあえず朝食を。
タマシギ親子が気になってMさんに電話、雨は降ってないと、洪水も無く大丈夫だと。
とりあえずマイカーで出発、戻ってから仕事に出かけよう!
生憎とタマシギ親子は奥のほうへ姿を消してしまい撮れず。
天気も幸い明るくなってきて当面心配も無さそうだし、前方の畑にケリが居る、カメラを一応セットする。 
 よし! 飛び出しから飛翔を狙おう! だが待てど暮らせど飛んでくれない。

前方50m先の畑を歩いたり止まったりしてるだけ。
f0135157_1754351.jpg


顔見知りのカメラマンが寄って来て話しかけられると、飛び出し大慌て。
f0135157_21343670.jpg


このときに限ってバックに青空が!
f0135157_2135391.jpg

この後雨が降り出してくる、近くのコンビニで買った自家製のパンを車中で早めの昼食。

by yoshiaki-satow | 2008-08-30 17:54 | 留 鳥 | Comments(2)
2008年 08月 26日

タマシギ

先週に続いて田んぼへ!
雛が3羽孵ったとの情報、雨降る中を出かけました。
おそらく雨の中あまり野鳥カメラマンは来てないだろうと高を括って居ましたが到着すると車はなんと11台、早速車の間隙を縫ってカメラをセット(先週のカメラマンは田んぼの前を皆さんに開放してましたが)、傘をレンズに括りつけての撮影準備。

やっと親子の姿が見えました、なんと孵って間もないのでしょうか、小さくてとても可愛いです。
f0135157_20583789.jpg


チビちゃん達がパパさんの後をゆっくり付いて行きます。
f0135157_2102321.jpg


10分位でしょうか食餌の散歩をするとパパさんが止まると雛たちが胸元に集まり羽の下に潜り込みます。 気温が真夏だと言うのに25度くらいしか無くおまけに雨模様、体温が下がってしまうので雛を羽の下に入れて暖めてあげるのでしょうか。
f0135157_21672.jpg


何度も餌取りをしては雛の保温を繰り返してる姿に母無しの父性に妙な感動を受けました。
f0135157_2185573.jpg


翌日は早朝から雨でしたが現地に駆けつけると車は2台、雨の中2時間ほど待ちましたが現れず。 自宅に戻り知人に電話を入れると、別の場所に移っては居ましたが、雛は1羽のみとの情報でした、昨夜来の雨に打たれて絶命したのか、はたまた襲われたのかは不明ですが、悲しい事態に陥ってしまいました。
自然の厳しさを痛感させられました。

by yoshiaki-satow | 2008-08-26 21:27 | 留鳥-漂鳥 | Comments(4)
2008年 08月 16日

タマシギ

高原から戻ったばかりで下界へ、しかも日陰の全く無い田んぼに出掛けて来ました。
いやはや、日焼けで真っ赤か。腕も顔もヒリヒリ、ピリピリ、弱ったものです。

しかしタマちゃんは水田を涼しげに颯爽と歩いてます、タマちゃん涼しいけど、見てる私達はカンカン照りの中、熱中症になりそう!
f0135157_2130955.jpg


水浴びの後の一駒、この一駒を撮るのに大変な労力、タマちゃん分かってくれるといいのですが。
f0135157_2130307.jpg


タマちゃん  さてと、次の場所に行かなくちゃ! 足早に移動です。
f0135157_21323337.jpg


タマちゃん  おっと、行き過ぎちゃった、戻らなくちゃ。
f0135157_21343238.jpg


良い場所見つけた! ここで水浴びでもしょうかな、 ブルブルってね。
f0135157_21354559.jpg


気持ち良いぃ! 見てる方は汗汗でした。
f0135157_21361595.jpg


さて、そろそろマイホームに帰らなくちゃ!
f0135157_21385053.jpg


温め息抜きの一駒でした。

by yoshiaki-satow | 2008-08-16 21:40 | 留鳥-漂鳥 | Comments(2)
2008年 08月 15日

ライチョウ

前夜は9時半過ぎに就寝。
12時半頃に暑くて目が覚める、エアコンの風量を弱から中へ、その後も暑くて強へ。
それでも暑くてエアコンをチェックしてみるとタダの風しか出てない。 何てこった! 
4時過ぎに起床。 7時過ぎに現場へ到着してカメラをセット中に三重県からライチョウ目的のご夫婦にライチョウの居場所を尋ねられ、指差しで昨日の場所を教えて差し上げる。
カメラのセッティング中にハエなのかアブなのか分からないが、小さな蜂?がカメラやレンズや三脚にたかって仕方が無い、三脚を触るとその虫が逃げないので潰れてしまい気持ちの悪いこと、アルコールティッシュで手を消毒。 その後カメラやレンズ、三脚にも虫除けのスプレーを噴射、カメラやレンズが白くなってしまったが効果はありました。

昨日の撮影場所に到着して暫く待つと100mほど先にライチョウが出てるのを、先ほどライチョウの居場所を教えてあげたご夫婦の奥さんが見つけて教えてくれる。

先方に子供が先に見つかる。
f0135157_20282685.jpg


その後、母親は岩の上に乗り子供達の安全を見渡してる。
f0135157_2031350.jpg


子供達が場所を移動するたびに母親も監視場所を移動する。 
f0135157_20323938.jpg


今度は大き目の岩に乗って監視を続ける。 我々にとっては願ってもない行動だ。
f0135157_20342974.jpg


またも違う岩に乗って我々を楽しませてくれる。 
f0135157_20361519.jpg


珍しく親子が近接して2ショットが撮れる。 
f0135157_2045668.jpg


今日のお母さんは岩の上がお気に入りの様子。
f0135157_20463913.jpg


この鳥の特徴はゆったりしてる事、デジスコカメラマンには最適の鳥さんだ。
動きもゆっくり、岩に止まれば10分も20分もじっとしてくれてる。
f0135157_20481646.jpg


岩を登るのにもこの通り。
普通の鳥ならピョンとひと飛び、ところがご覧のように長い足を伸ばしてどっこいしょ!
とても動きがゆっくりなのです。 
f0135157_20511480.jpg


岩を降りるときもスローモーション。
f0135157_2055271.jpg


次回は冬羽の真っ白な姿を撮ってみたいものです。

岩に乗ってる時はほとんど動かないので、通行の皆さんにファインダーを覗かせて上げると皆さん大感激! いつしかそんな感激の声を聞くのが私の大感激になってました。

レンジャーの皆さんバスターミナルの皆さんには撮影協力をして頂き感謝してます、ありがとうございました。

by yoshiaki-satow | 2008-08-15 20:37 | 漂 鳥 | Comments(6)
2008年 08月 15日

ライチョウ

冬羽のライチョウには興味は有ったが、夏羽のライチョウには興味は薄かった、家内の希望と友人からの情報であまり歩かなくても撮れると言う事で急遽決行。
バスターミナルの直下で撮れると! それなら自分の腰も何とか耐えられるのでは?
レンズの選定を悩んだが、結局オールラウンドで行くことに。 
現地に着いて結果は28-300、400を置いて600で挑戦。

パトロール隊員(レンジャー)から情報を得ようと近づいて話を聞くうちに先方で何やら人だまりがしてるのにレンジャーが気が付き、ライチョウが居るのでは?
50m先に行ってみるとライチョウの母子が居ました。
1枚撮るや否や霧が流れてきて霞んでしまう。

正面顔はまるで古代の恐竜を思わせる風貌、とても可愛いくは無い!
f0135157_18591398.jpg


霧もあっという間に去って草の合い間に母親が顔を出す。近すぎてノートリです。
f0135157_19111780.jpg


子供が4羽、草むらに沈んでなかなか見えないがやっと捉える。
f0135157_1926385.jpg


花の名前は分からないが良いところに姿を見せてくれる。
f0135157_1928111.jpg


前方で砂浴びをしてる、その傍らでは子供達も砂浴びをしてるようだ。
急ぎ向こう側へ回り最良の場所を得る。
f0135157_19294837.jpg


しばらくすると母の横に子供がやって来る。
f0135157_19312289.jpg


距離にして20m弱、草の陰から2羽の子供が姿を見せてくれる。
f0135157_1932179.jpg



母親が思わぬ方向へ、次第に近づいて来て十数メートルの距離に、ほとんど人を警戒する様子が見られない。 その後草を啄ばんでる。
f0135157_19373930.jpg



この後草むらから子供達を見守って、やがて姿が見えなくなる。
そして私達も散開。 バスに乗って下の駐車場へ45分、駐車場で自分の車に乗り換えて20分、無事に予約の温泉宿N館に到着。 

by yoshiaki-satow | 2008-08-15 20:18 | 留 鳥 | Comments(6)
2008年 08月 14日

イワヒバリ

夏休みに先立って、母の法要(49日)と納骨が無事に済んで、急遽未見の雷鳥を見に飛騨の国へ出かけて来ました。
当初家内と二人で出かけるつもりが土壇場になって1名参加希望、宿が3人だと取れなくてキャンセルしたり、宿を別々に見つたりと、未明の出発で11時過ぎに現地に到着。 
初めに出会えたのがイワヒバリ。
噂には聞いていたが人を恐れずに近くへ寄って来たりと驚いてしまう。

残雪が砂埃を被ってまるでコンクリートの塊のように見えた。
そんな上や灰松の上を餌探しに歩き回ってる。
イワヒバリは雌雄同色とか、目つきの優しさから♀のように思われる。
f0135157_21304649.jpg


枯れ草の回りも恰好の餌場なのであろうか。 
f0135157_21322985.jpg


何んだろう? きょとんとした目つきが可愛い!
f0135157_2134538.jpg


正しくイワヒバリ、岩の上のイワヒバリを待ったが、色合いが冴えない。
f0135157_21361058.jpg


岩の上に自生した植物に花が咲いてる、その実を啄ばんでるようである。
f0135157_21375728.jpg


イワヒバリ、こんなところに住んでいるのでこんな名前を付けられてしまったのか?
f0135157_21394480.jpg


最後に7つもの足枷を付けられてしまってる。 ここまでする必要があるのでしょうか?
バンディングの際に子供にまで鳥を掴ませてみたりと、必要以外のことまでして鳥に恐怖を与える必要があるのでしょうか? 

バンダーを捕まえて、同じような 「バンディングの刑に処する!」 なんて粋な判決を望みます。
f0135157_21412850.jpg


by yoshiaki-satow | 2008-08-14 21:57 | 留鳥-漂鳥 | Comments(0)
2008年 08月 06日

ノビタキ

去年初撮りのホザキシモツケにノビタキが撮りたくて深夜から出掛ける。
もう、いい加減に深夜発を卒業したいものだ。
MMさんのように重役出勤をしてみたい! でもね? 貧乏平サラリーマンには真似が出来ない、真夜中の出陣、深夜の帰宅、何時まで出来ますかね? 知力、体力、財力の続く限り、あっ! 知力は要らない、いや持ってない、体力も自信がない、もちろん財力は全く無い。 

到着時は遠方の湿地に霧が立ち込めて風景写真には好都合、でもこちらは鳥撮り、望遠レンズで待機。 レンズを換えるのも億劫だし。 この考え方が素人なんですね?
霧が引いてから慌ててレンズ交換、遅いよ! 

一番子の子育てが一段落してしまったのか、それとも二番子の抱卵中なのか、なかなか姿を見せてくれない。

その内に♀の幼鳥(?)が一番に姿を見せてくれる。
f0135157_129810.jpg


つぎに成鳥の♂が。 やっぱり居るじゃん!
止まるのはそこじゃ無いよ! ほらほらピンクの穂に止まって!
悲痛な 我が叫びも届かない様子?
f0135157_1211254.jpg


再度! ほらほら、そこじゃ無いってばっ! 
ふん!、そんなの知らないよ! って無視された感じ?
f0135157_12131178.jpg


やっと白樺の小枝に止まってくれました、でも、もう少し上のほうが緑の葉が有って良いのにね?
撮り方の願望です! 
f0135157_12155349.jpg


小さな松の上に止まって、ジャンプをするような仕草です。 
面白い飛び出しが撮れるかな? ほのかな期待、そして疲れる右手!
f0135157_121912100.jpg

でもそんなの関係無かった!。
f0135157_21305278.jpg

これも、♀の幼鳥でしょうか?
f0135157_12202037.jpg


やっと、待望のホザキシモツケに♂が止まってくれた、初めは後姿、こっちを向いて! そしてやっと横顔を見せてくれた。
f0135157_12213432.jpg


チャンスはこの二度限りでした、止まった瞬間にシャッターを切りましたが、タッチアンドゴーで瞬間に飛び出されてしまい、羽も止まらずこんな写真に? ちょっと残念!
f0135157_12234612.jpg

カメラマンは私達だけ、貸切でしたが貧乏カメラマンじゃ、役者が揃ってくれません。
うーん? 時期尚早? 来週かな?

by yoshiaki-satow | 2008-08-06 12:28 | 夏 鳥 | Comments(2)
2008年 08月 03日

ホオアカ

1年ぶりに高原へ。
ガソリン代の高騰から今回はエコドライブを少し徹底した運転を試みてみました。
平均車速がその道路の制限速度を10キロ以上上回らない速度に設定し必ず左側車線を走行し、追い越しの時だけ加速をしたことにより、過去の最高であった、1㍑/10㎞を大幅に超えて1㍑/11.4㎞を達成。 (いつもは東名道で9キロ前後、中央道では8キロちょっと、市内の買い物などは5キロちょっと。)
ガソリン代の 1㍑ あたりの10円の違いよりも 1㍑ あたりの平均燃費の違いは大きい。
たとえば1㍑ あたり10円の違いで60㍑ だと600円しか違わないが、燃費が1㍑/2㎞違うと
2千円以上違うことになる。 とは言っても行きの高速道で1㍑ ¥197.-が帰宅時の横浜では¥199.-とびっくり。

帰りの高速道では通勤割引で途中下車する予定を左右大型トラックの後方に付いてしまい出口を通過した時点で気が付き満額を取れてしまうドジだった。 これでは折角平均燃費を上げても もとの木阿弥に?
ガソリン高騰が気になるせいかも知れませんが、高速道では飛ばしてる車が少なくなって来てるように思われます。
到着予定時間を2割ほど早めに出て次回の遠征は制限速度でトライしてみようかと。 

6時に到着すると標高1265mの世界は遠くに地上より霧が立ち込めて都会の蒸し暑さを忘れさせてくれる。 写真を撮っておけば良かったが、後の祭り。
f0135157_1115240.jpg


囀りが下手でジュッジュビ ジュビジュビ(私のホオアカの聞きなし)と あのホオアカの囀りが出来ない、幼鳥では無いように見えるが。 
草木にはまだ朝露が残ってる。
f0135157_113514.jpg


草木の中から出て来たり、潜って行ったりと、まだ子育て中のようである。
f0135157_119165.jpg


虫を銜えて辺りを気にしてる。
f0135157_11124320.jpg


珍しく木の枝に止まる、後方の白い色は白樺。
f0135157_1115519.jpg


ノビタキが姿を見せてくれないので暇つぶしにホザキシモツケに蝶? イチモンジチョウでしょうか?
f0135157_1150151.jpg

f0135157_11371438.jpg

天気は薄日で気温22度、暑くも無く寒くも無く、最適な気温で鳥の写真には最高の一日でした・・・?

by yoshiaki-satow | 2008-08-03 12:03 | 留鳥-漂鳥 | Comments(4)