野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

ウスハイイロチュウヒ

今回で5回目、2勝2敗1引き分け・・・ つまり、撮れたのが2回、見ただけが1回、見られずが2回。
今日は前回お会いした埼玉のOさんとお会いした場所へ直行、私の予測通りに一人で待機、先週は可愛い奥さんと来てバッチリ撮られたようだ。
7時過ぎから待つも、一向に表れる気配は無し。
暇で、暇で・・・ チュウサギが・・・
f0135157_204347100.jpg

Oさんの”出ました!”の一言に緊張が走る! (ちょっとオーバーかな?)
ハイチュウ♀のようでした。
f0135157_2045367.jpg

退屈と寒さで車中で休憩するzzz 眼が覚めると? Oさんが車に寄って来て”出ましたけど川の向こうへ飛んで行ってしまいましたと。”
それではと、私達は川の向こう側を探索に・・・
小一時間ほど走り回ってるうちにOさんから連絡が・・・ 出ましたよ!
急ぎもとの場所へ戻るが彼は不在。 電話で居場所を聞いたが分からず。
見当をつけて走ってゆくとカメラマンが一ヶ所に集中してるではないか?
現場近くへ到着すると皆さんは盛んに撮影中。
取り急ぎカメラをセット、先ずは証拠写真を? 田んぼの土色に同化してウスハイの居場所が分からない。
やっと見つけて鳥を捕えるや否や飛ばれてしまう、今日の初撮りは後姿。
f0135157_20562954.jpg

f0135157_20575636.jpg

ファインダーで鳥を追ってゆくと数十メートル先の畦道の下に下りる。
f0135157_20581581.jpg

f0135157_2059572.jpg

その後集中するカメラマンたちの近くに走り寄り、一番近い場所へ寄るが丁度50メートル強。
f0135157_2123730.jpg

f0135157_2145536.jpg

どうやら小鳥をハントして食べ始めたがカメラマンが近くに寄りすぎたせいか、飛んで距離を置いたようだ。
移動した場所が畦道の先に行ってしまい、残念なことに鳥が半分しか見えない、それからすぐに畦道の上に上がって来てくれる。距離は遠いが真正面に見える。
f0135157_2174517.jpg

現場に来てから焼く4時間待ち、やっと姿が、特徴ある顔が撮れる。
捕えた鳥を盛んに啄ばみ、約1時間ほど飛び出しを待つ。
f0135157_21162037.jpg

飛び出しを待つのは本当に疲れる、シャッターボタンを押さえる右手が疲れ切って下に垂らしたり、ポケットに入れたりと。
一瞬のうちに飛び出されてしまい慌てる。
f0135157_21184268.jpg

ファインダーでは捕えるがアウトフォーカス・・・
その後200メートルほど先の田んぼの中に降りて身を潜めるが、また飛び去ってしまう。
f0135157_2121911.jpg

f0135157_21212857.jpg

f0135157_21214476.jpg

まあ、今日で5回目、何とか撮れたのでウスハイイロチュウヒは今回で終了。

PS. 埼玉のOさん、連絡を頂、本当にありがとうございました。

by yoshiaki-satow | 2009-02-28 21:29 | 迷 鳥 | Comments(4)
2009年 02月 25日

また来てくれました!

数少ない冬鳥? って本当でしょうか?
前回、もう一生見られないと思っていたのに3年ほどで会えるとは?
やっぱり冬鳥になるのでしょうか。
発見されて間もないので驚きました。
f0135157_21413250.jpg

f0135157_21415174.jpg

残念ながら、今日は天気も悪く、葦を刈った泥地を行ったり来たり・・・
なかなか絵にはなりません。 せめて葦にでも止まって欲しいと願ってましたが、通じません。
f0135157_21451867.jpg
f0135157_21453795.jpg

今週は雨模様の毎日、平日カメラマンにはサブイ鳥撮りですね。
f0135157_21481141.jpg
f0135157_21483077.jpg
f0135157_21485369.jpg

f0135157_21212623.jpg

こちらの公園ではフェンスでがっちりガード、餌付けは出来ません。
自然の写真が撮れます。 その代り泥地に、葦原が主で枝とまりは期待できません。
ほかに、水鳥、セッカが見られました。

by yoshiaki-satow | 2009-02-25 21:50 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 02月 24日

ムジセッカなど

旅鳥、または、冬鳥とか。
やっと出掛けて来ました、前日も出掛けてその場まで行ったのですが、車が置けなくて他へ移動してしまいました。
今日は作戦を練って、無事に1時間足らずで撮影を終えて次に移動。
先ず初めに出迎えてくれたのはおジョウさんでした。
f0135157_20433520.jpg

f0135157_20504294.jpg

暫くすると、ウグイスの地鳴 ジェッジェッ よりは細く小さく チェッチェッまたはチッチッ・・・
盛んに聞こえます、居場所を必死に探しますが見当たりません。 
隣に来た小学生が発見?  若さには勝てません! 
ゴチャゴチャの葦の中から姿を見せてくれました。 
f0135157_2048261.jpg

初見初撮りです、動きは早いですが、充分に追えます。
小さくて可愛いです。
f0135157_20533671.jpg

確かに尾羽が短いです。
f0135157_20551870.jpg


f0135157_20572219.jpg

顔に弦が絡まって残念ですがこの小さな鳥が画面いっぱい! ノートリなんです、5メートルちょっとのところまで来てくれました。
f0135157_2058721.jpg

1時間足らずで撮影を止めて次へ!
こちらは、昨日の情報では規制が掛かってるとのことで諦めていましたが、何やら問題なく撮れそう!
勇んで行きました。 
f0135157_21338.jpg

以前暗闇の中で懐中電灯の証明でカメラのピント合わせをして、オオコノハズクのご帰還を狙い澄まし撮った経験が有ります。 
そんなことを脳裏に思い浮かべて・・・ 今度は日中でした。 彼女は? 睡眠の最中でした。
f0135157_2194416.jpg

隣の池に・・・ 家内の 4/4 を借りての撮影でした。
f0135157_21101659.jpg

その後、キマユムシクイを・・・ 1時間半ほど粘りましたが、撮れそうも無く、レンジャクか? ウスハイか? 
意見が一致したのはウスハイでした。結果は・・・
f0135157_21142732.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-02-24 21:19 | 旅 鳥 | Comments(3)
2009年 02月 19日

もう一度会いたくて

どうしても撮り直しをしたくて、行って来ました。
前夜、一人で出かける予定が、家内を誘って夜明け前に現場に到着、やる気満々でカメラをセット、日の出を待ちました。
f0135157_1938238.jpg

此処で待つこと1時間、さっぱりでした。 
近くにオオジュリンがやって来て囀りをしてます。
f0135157_19393636.jpg

その場所に見切りをつけて移動しようと車にカメラを積むと遠くに猛禽が飛翔!
慌ててカメラをセット、ノスリでした。
f0135157_194342.jpg

移動の途中に田んぼに、何か?
キジの♂が・・・カメラを向けるとあぜ道に身を潜めてしまいます。
f0135157_19483667.jpg

じっと我慢です、この日は猛禽はともかく、トビさえも遣って来ません。
やっとノスリがやって来ました。 曇天の空抜け・・・
f0135157_19492766.jpg

とうとうウスハイイロチュウヒを諦めてシベリアジュリンに鳥さんを変更!
毎度のオオジュリンです。
f0135157_19532148.jpg

今日もシビレタジュリンかな?
f0135157_19552145.jpg

うーん! 枝があぁ!
f0135157_19562787.jpg

今度はカワラヒワでした。
f0135157_2013297.jpg

この後、近くの鳥の博物館に見学に寄り、早々に引き上げて来ました。
ウスハイイロチュウヒは未だ居るようですが、ポイントが変わってしまったそうです。

by yoshiaki-satow | 2009-02-19 20:08 | 迷 鳥 | Comments(0)
2009年 02月 11日

ウスハイイロチュウヒ

日本では初鳥のようです。
図鑑を見ても載ってません。
カザフスタンの方に居るらしいです?
大阪からも車が・・・

2日目でやっと、ワンチャンス撮れました。
撮影場所を勝手にここだ!と決めて、待つこと2時間、後方から、いきなり飛んできて慌ててカメラを向けるが、小雨がぱらつきレインカバーを掛けていたので撮影に手間取り真横に来た時やっとゲット、その後は後ろ姿になってしまいピンボケ。
f0135157_21181620.jpg

f0135157_2123384.jpg
f0135157_21233591.jpg

普通のチュウヒです。 顔が違います。お腹も赤いし・・・
f0135157_2192682.jpg

飛んでいった先を追って行くと、耕運機の上にちょこんと。 
白いノスリが待っててくれる。 
f0135157_2311298.jpg

暫く見ていると、飛び出しが・・・
f0135157_233223.jpg
f0135157_233184.jpg
f0135157_2333756.jpg
f0135157_234390.jpg
f0135157_234253.jpg
f0135157_2344193.jpg
f0135157_235694.jpg

f0135157_2354998.jpg
f0135157_236211.jpg

飽きますね、飛び出しはこの辺で止めましょう、久し振りの連写でした。

たいへん! シベリアジュリンが居ると、駆けつけて見ると数名のカメラマンが・・・
暫く待つと出てきました、そしてやっと証拠写真が撮れ、ヤッター!
その頃にはカメラマンが20人くらいやって来て狭い道で たいへん! 
カメラのモニターで詳しい方二人に見て頂くと、がっくり シビレタジュリン でした。
f0135157_238262.jpg

f0135157_23105184.jpg

しんびれたあ!  ただのオオジュリンとの事でした。 
肩から背中がファインダーではアオジのように緑っぽく見えたんですが?
きっと思い込みだったんですね。

帰り際にウスハイイロチュウヒが我々の車を追い越してゆく・・・
車をすぐに止めるや家内が車から降りて手持ちですかさず連写、良いのが撮れてるようです。
悔しいっ!

by yoshiaki-satow | 2009-02-11 09:10 | 迷 鳥 | Comments(16)
2009年 02月 07日

アイアイサ

久し振りにこるりさん夫婦と長野へオオワシを見に同行です。
湖にはミコアイサやカワアイサ、そのほか沢山の水鳥が泳いでます。
f0135157_20232411.jpg

f0135157_20251783.jpg

f0135157_20253493.jpg


気が付くと湖面にはあれほど沢山居た水鳥がほとんど消えてます。
しばらくすると湧いてくるように沢山顔を出します。
水中のワカサギを取ってるのでしょうか。
遠方からボートがやって来ます、何故かボートは鳥達の方に向きを変えました、すると水鳥たちは一斉に飛び立ちます。
f0135157_20301754.jpg

慌てている様が良く分かります、パニックに近いようです。
f0135157_20303881.jpg

f0135157_20313759.jpg
f0135157_2031525.jpg
f0135157_20321918.jpg

考えてみたら、水鳥たちはワカサギ漁の大敵なんですね。
特にミコアイサやカワアイサのアイサ混軍が大敵だそうです。
これらを追い払うためにボートや鉄砲の発砲音で威嚇してるようです。

目的のオオワシの撮影場所を現地のカメラマン教わり対岸のオオワシポイントに着くや、地元のカメラマンに、“来るのが5分遅かったよ!”って。

このところ空振、ボーズの連続・・・ はるばるやって来たのにまた今日もです。
翌日は至近距離で3時間、撮り放題だったそうです。 ツイテ無い!

帰りがけのお土産にアトリさん、ゴジュウカラさんです。
f0135157_2182114.jpg

f0135157_2184742.jpg

f0135157_21953.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-02-07 02:18 | 冬 鳥 | Comments(6)
2009年 02月 01日

ヒクイナ

久しぶりに早起きをして東京の外れへ? こんな言い方をすると叱られるかな?
私もかつて東京の外れの大田区に20年住んで居ましたが、西東京市なるところを知りませんでした。 東京都なのか、昔の都下なのでしょうか? 
追求は止めにしましょう。 私の無知蒙昧ぶりが知れてしまいますので・・・

さて、久し振りに早起きをして第3京浜を飛ばして? 環八をビューン! いかにも早そうですね! 最近の私は初ゴールドカード取得圏内に入りましたので、めったに無理はしません、念のため。 でも、次の免許の書き換えまで、あと3年半、いつも更新は5年なんです、つまり優良ドライバーなんですよ! 
これが言いたくて!、5年間で原点1点でもするとゴールド免許証は取れません。 でも5年間で1点の原点なら優良ドライバーなんです。 1年間で4万キロ前後も走ってると交通違反ゼロ運転は不可能に近いんです。 捕まったら運が悪い? 
何故かそれてしまいましたね、余談が長くて失礼しました。 

7時半過ぎに現地に到着、撮影場所を探していると、カメラマンが見えたと!
駐車場が無い! しかも住宅地の中で迷惑を掛けないよう、法定駐車禁止場所を避けて車を止め、急いでカメラマンの居る場所へ。 駆けつけるとNさんご夫妻に会い、ほっとする。
それから1時間あまり雑談をしていると、一人のカメラマンが先へ移動
f0135157_2019458.jpg

200メートルほど上流に出てるらしい、その頃になると30人ほどのカメラマンが、にわかに移動。
f0135157_20241338.jpg

この頃には50人ほどのカメラマン。
f0135157_20241433.jpg

初めて見るヒクイナ、先日兵庫県のkunta親父さんから掲示板に投稿されたのがこれでした。
山鳥が好みの私には興味をそそられませんでした、でも家内の要望で行くことに・・・
f0135157_20294963.jpg

行くからには・・・ でも寒くて、常用薬を飲んで暫く車で暖を取って居ましたが、いつもこれで大失敗! 今日は頑張らなくちゃ! 
すぐに戻って良かった!
f0135157_20342226.jpg

葦の中から出て来てくれました。
虫を探して興奮したのでしょうか? 尾羽をピーンと立てました。
f0135157_2035567.jpg

ゴモゴミしたところから、やっと出て来てくれました。
f0135157_2037134.jpg

ロクヨンでノートリです。 距離は10メートルくらいでしょうか?
f0135157_20385014.jpg

f0135157_20381655.jpg

f0135157_20385516.jpg

f0135157_20392361.jpg

普段は葦や茂みに隠れてしまい、なかなか姿を見せてくれないのが当たり前だそうです。
こんな至近距離で撮れるのは珍しいと。 行って良かった。
明るいのでISO感度を200に下げてしまいましたが、意外と動きが早くて被写体ブレ(特に顔が)が沢山ありました。 
鳥が移動すると、自分も移動、でもカメラマンが多くて撮影場所が無い!
平日に行かれたら良いな!

by yoshiaki-satow | 2009-02-01 08:30 | 留鳥-漂鳥 | Comments(2)