野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 28日

ETC割引

ETCが¥1.000.-で乗り放題になったらノハラツグミに出かけよう! と、言ってたのですが、なんとなく気乗りがしなくて、前日までは行くつもりはありませんでした。
ところが前日の昼前にオジロビタキの♂が居ると家内からメールで知らされ気分は一気に、そうだ、京都に行こう! そしてオジロ君に会いに行こう!

京都には7時間で到着、カメラマンは皆無、胸には標準レンズ付カメラをぶら下げたおじさんが道を行ったり来たり、犬の散歩中の二人の女性に尋ねるとノハラの場所は此処ですと、車はあちらに止めた方が迷惑にならないと教えてくださる。
暫くすると散歩中の女性が出てますよ!と呼んでくれる。 慌ててつぐみさん、こるりさんが立ち寄る。
私は3分遅れて私も到着、どうやらタダツグミらしかった。

いつも来て見てる女性に話を聞きその場所にカメラをセット・・・
やがて地元のカメラマン夫婦が少し遅れて、また地元のカメラマンがいらっしゃる。
いつのまにか私達3人を含めて10人近くの人が集まる。

突然グリッドフェンス(網目のフェンス)がバシャっと音を立てるとフェンスの下に鳥がぶつかって落ちるのを目撃、しかしタダツグミと思って追わなかった。
f0135157_18123020.jpg


フェンスにぶつかって暫く草に隠れて休んでいたようだ。 無事で良かった。
時間も予定をオーバー、いきなり飛び出すと、すぐ目の前の藪の中に飛んで隠れてしまう。 1時間ほど待っても出て来ないので諦めて兵庫へ移動。 

ノハラツグミは図鑑には×印が、なかなか見られない鳥さんとのこと。
確かに! 首から上のポートレイトのみでした。

さて、現地の I さんから連絡をいただき、兵庫方面は15キロ渋滞とか? 
でもスンナリ1時間強で目的地に到着。
そこには暇そうなカメラマンがベンチに一人、何を撮ってるのかな? 一人の中年カメラマン。
オジロのスウィートポイントを教えて下さる。
写真を見ると餌付けの雰囲気・・・ 心の内では、絶対にそうだ!
f0135157_19374325.jpg

f0135157_20122377.jpg

f0135157_20154658.jpg

f0135157_21254287.jpg

f0135157_21255288.jpg

f0135157_22245552.jpg

餌付けも無く自然のオジロ君、可愛かった!
先に神奈川からブログや掲示板で有名な女性(旦那と一緒に)も来てたそうな?
撮影地を勘違いして遅ればせながら行って来ました。
念願のオジロ君がやっと撮れました。 未だに眠気が覚めません、往復のETCは¥9130でした。
¥1000.-で乗り放題! ショートカットすると割高、  ちょっと誤解を与えてますね。

by yoshiaki-satow | 2009-03-28 10:27 | 冬 鳥 | Comments(17)
2009年 03月 25日

キジ

昨日に続いてオガワコマドリに・・・
今日は8時に到着、大阪からのご夫婦がいらしてました。
昨日の晴天とは打って変わっての曇天で、おまけに風が強く鳥の撮影には不向きな天候。

カメラを所定の位置にセットするも、反対側に(背中側)2、3人のカメラマンがレンズを向けてるではないか?
何を撮ってるのかな? 小さな畑にキジ♂が2羽でテリトリー争いをしてるとか? 
慌ててカメラを移動すると2羽の♂が睨み合ってるでは無いか?
f0135157_207491.jpg

決して争いを好む私ではありませんが? 内心は、ヤレ、ヤレ!
睨み合うばかりで一向にバトルをしません・・・ 不謹慎ですが ヤレ!ってば!
f0135157_20123120.jpg

やりましたぁ! 
f0135157_2015263.jpg

f0135157_20155768.jpg

f0135157_20165128.jpg

f0135157_20171526.jpg

f0135157_20181366.jpg

f0135157_20204843.jpg

f0135157_20261435.jpg

幸か不幸か大したバトルにはなりませんでした。
f0135157_20283925.jpg

オガワコマドリ、本日の一枚・・・
小田原からいらしたご夫妻はたいへん満足されて良かった。 
昼前に嵐のような風雨にたたかれて敢え無く退散。

by yoshiaki-satow | 2009-03-25 08:07 | 留 鳥 | Comments(10)
2009年 03月 22日

キジ

オガワコマドリとオオタカが撮りたくて。
然しながら、結果オオタカは皆無、小川さんは待つこと暫く、出てもちょいの間ばかり・・・

今日は晴天に恵まれて一日快晴、顔は真っ赤に日焼け。
クイナが明るいところへ・・・ 撮るものもなくゲット
f0135157_19482545.jpg

f0135157_19492235.jpg

f0135157_19494281.jpg

f0135157_1950233.jpg

オガワさんちのコマドリ君、出るには出るも、ほんのちょいの間。
f0135157_1950427.jpg

3時を過ぎるとカメラマンは3人に、4時を過ぎるとカメラマンが一人戻ってくるやキジを発見!
f0135157_19523347.jpg

f0135157_19525871.jpg

f0135157_19533417.jpg

f0135157_1954535.jpg

f0135157_19543021.jpg

f0135157_19545877.jpg

テレコンを外してロクヨン×1.3 キジまで19m ノートリミングです。 
キジを改めて間近で撮って驚きました、背中の色合いが微妙に綺麗なのにファインダー越に感動!
オアガワコマドリの出る湿地の前の舗装路を、カメラマンの少ないのを確認して、飛べば一瞬なのに歩いていくのには驚きでした。 

by yoshiaki-satow | 2009-03-22 20:02 | 留 鳥 | Comments(4)
2009年 03月 21日

ヤマセミ

撮影:3月20日
今日は例年の墓参ツアーでした。
幸い両親の墓参の時には雨もあがり、初孫の予定を告げて去りました。
帰りの東名の走行中に、どうするの?
そうだ! 京都に行こう!? じゃなくて・・・  
久し振りにヤマセミに行こう! って。 

カメラをセットするも暇で、暇で・・・ 車で仮眠をむさぼってると、何やら20人ほどのカメラマンが同じ方向へレンズを向けてます。
家内からケイタイが・・・ オオタカが来てますよ! 
f0135157_19241559.jpg

その後、二人で寒さから逃れ車中で暖を取っていると2羽のそれらしき鳥が前方を飛翔通過・・・
家内の ヤマセミだぁ!の掛け声に 慌ててカメラまで戻る。 
f0135157_20284715.jpg

ブラインドが要らない代わりに遠すぎて・・・
f0135157_19132388.jpg

ダイビングです!
f0135157_1914782.jpg

f0135157_19175455.jpg

Uターンです。
f0135157_19144060.jpg

f0135157_1921539.jpg

f0135157_19245237.jpg

f0135157_19251592.jpg

f0135157_1926090.jpg

f0135157_19265025.jpg

f0135157_19273431.jpg

f0135157_19281718.jpg

久し振りのヤマセミ撮影でした。

by yoshiaki-satow | 2009-03-21 20:29 | 留 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 20日

オジロビタキ

数少ない旅鳥または冬鳥と有ります。
関東には毎年やって来てくれてます、然しながら、♂の成長は未だ見たことがありません。
是非とも見てみたいのですが・・・ 近場に来て欲しいものです。
彩の国から安房の国へ
f0135157_20244461.jpg

なんとなく、よだれ掛けにオレンジ色が付き掛けているような?
f0135157_20255370.jpg

f0135157_20283458.jpg

ひょっとして若様?
f0135157_2029110.jpg

f0135157_20334691.jpg

f0135157_2030125.jpg

虫を食べ過ぎて太らないか心配?
うん? 自分のメタボを心配しろって? 

by yoshiaki-satow | 2009-03-20 23:47 | 冬 鳥 | Comments(0)
2009年 03月 19日

レンジャクー(3)

レンジャクはこれでお終い!

樹と樹の間の小さな隙間に発見! でも身体が見え隠れして中々思うように撮れません。
待ちました・・・ やっと・・・ 絶対に何とか撮ろうって、予想が的中、小さな幸せでした!
f0135157_2321086.jpg

この日の凄かったことは、鳥が目の前の沢山のカメラマンを恐れずに余りにも近くに寄って来た事です。
f0135157_2364062.jpg

この場所に黄色と赤が2羽同時に乗ったの見てすぐさま縦列するカメラマンの後方から狙ったのですが、ゲット出来ずに残念な思いをしました。
f0135157_2381317.jpg

f0135157_23222537.jpg

目の前に来て横位置では入らず、縦位置で撮りました、距離は≒6.7mでした。
f0135157_23133192.jpg

同じくです。
f0135157_23163210.jpg

f0135157_23173188.jpg

f0135157_2318985.jpg

f0135157_23184070.jpg

近すぎて、どれを撮ったら良いのやら嬉しい悲鳴を上げてました。
ハイッ! うさぎさん、10は多すぎですー、3つでお終いにしましょう。

by yoshiaki-satow | 2009-03-19 22:57 | 冬 鳥 | Comments(4)
2009年 03月 18日

レンジャク~(2)

ヒレンジャクとキレンジャクが何か内緒話をしてます。
f0135157_22104393.jpg

あらら! 寄り添っちゃてー。  ひゃあ!愛を告白してるのかな? 
f0135157_22104845.jpg

ヤバイ! 覗きがばれた! 
これ以上立ち入るのは止めましょう。
f0135157_22125327.jpg

さて、こちらは一人で寂しく草の中の実を必死で探してます。
f0135157_22153164.jpg

同じくこちらも愛は無く、食べるのに夢中!
f0135157_22174052.jpg

赤の特徴が良く分かります。 良く見ると私には赤の方が綺麗なようにも見えます。
f0135157_2249322.jpg

背伸びをして鋭い赤い目で実を捜してます。
うーん、腹減った・・・実は何処だ? 
f0135157_22521021.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-03-18 23:00 | 冬 鳥 | Comments(0)
2009年 03月 16日

レンジャク~(1)

昨日は春の嵐でゆっくり出掛けましたが、撮れずに早帰り。
今日は前夜の打ち合わせでは千葉へ。
就寝間近に独断と自己希望で行き先変更、彩の国へ・・・
目的地に到着するや否や数名のカメラマンが、ゆっくーりそーっと、近づくとレンジャクが・・・
混みあった見上げの枯れ枝に・・・
2、30ッ羽の群れが100mほど先に移動する、遅ればせながら我々も移動すると、先着のカメラマンはすでにシャッターを切ってる。
森の草むらに盛んに降りては実を啄ばんでる。 (写真には撮れません・・・涙)
f0135157_20554620.jpg

尾羽を注目! キレンジャクですう~(笑)
f0135157_2056512.jpg

草むらの中をまるで平泳ぎ? あるいは野球の審判・・・セーフ! 
f0135157_20581995.jpg

どう言う訳かキレンジャクが目に付いて・・・
f0135157_2102327.jpg

ヒレンジャクとキレンジャクの2ショット! 分からないかな? 本当なんですよ!
f0135157_210496.jpg

端正な黄色です。
f0135157_21431.jpg

逆光に映えて、綺麗です!
f0135157_217067.jpg

キレンジャクにヒレンジャクが同時に沢山撮れたのは初めてです。

by yoshiaki-satow | 2009-03-16 21:12 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 16日

冬鳥または旅鳥

図鑑にはそう有りますが、迷い鳥のような気がしますが、横浜では3年おいて2度目、こうなると冬鳥かなって?  もう一度来てくれたら、冬鳥に間違いなし。
今度は、自然の環境で注目を(レンズの放列を)浴びてます)。
この調子ですと春先まで滞在してくれそうです。
f0135157_20393015.jpg
f0135157_20394164.jpg

胸の赤みが増してくれると良いですね。
キジの親分も見方してくれてるようです(勝手に解釈)
f0135157_20414359.jpg

    

by yoshiaki-satow | 2009-03-16 20:44 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 09日

レンジャク

今日は友人の1回忌なので、不謹慎では有りますがほんの少し・・・
先日リサーチをして居たので下に行くと、誰も居ません、そして上に行くと一人・・・
まだ早かったのかな? 
車を置いて撮影地に行くと、こるりさんとrogiさんが頭上の木に群れが止まって、下がって撮ったとか?
待つこと暫く、いつもの空抜けの樹に10っ羽ほどの群れがやって来るが、不幸にも樹の裏側へ。
こるりさんに誘われて下へ。 待つこと30分? ボウズでも、もう帰らなくちゃ。
やっと、やって来ました。 急斜面の、その場所では三脚の脚を不揃いに伸ばして水平を保つ。
f0135157_2045548.jpg

空抜けは免れたものの、ひどい枝被り。
グチャグチャです。 懸命に枝の隙間を探します。
足場は悪く、急勾配なのでポイントが見つかりません。
f0135157_2047198.jpg

おーい! こっち向いてよ! 
私の声が聞こえました!
後ろ髪を引かれる思いでその場を去りました。

by yoshiaki-satow | 2009-03-09 21:01 | 冬 鳥 | Comments(2)