野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 20日

ブログの休止

 東日本巨大地震に被災されました皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

心ばかりではありますが 新聞を見て 社会福祉法人 読売光と愛の事業団 へ僅かばかりではありますが義援金を寄付させて頂きました。
肉体的、経済的な支援は出来ませんが 出来ることなら私にも何んらかのボランティアでお手伝い出来たらと思います。
 
 せめても我々野鳥撮影仲間としては、鳥撮りを等分の間休止し、ガソリンの節約、節電、諸々の浪費を慎み寄付や何らかの貢献を出来る限りしたいものです。

by yoshiaki-satow | 2011-03-20 22:34 | 分類なし
2011年 03月 10日

キレンジャク

ヒレンジャクに続いてキレンジャクです。
9羽居たうちの2羽がキレンジャクでした。
f0135157_16331856.jpg

良く見たら これは、ヒレンジャクのようですね?
f0135157_1649826.jpg

f0135157_16361071.jpg
f0135157_16363267.jpg

あれえー! ホバリングしてるうー!!
慌ててカメラを向けてもピントがあー (><)
来た来た来たあー! 感激の一瞬、やっとピントが合いました! 
ホバリング4枚ゲットです。
f0135157_16364822.jpg

なんと ホバ食いです!!
f0135157_16395626.jpg

近過ぎて大き過ぎ (ノートリミング)
f0135157_16405254.jpg

同じく
f0135157_16414762.jpg
f0135157_1642944.jpg

ナンチュウ、頭してるの? 
f0135157_16425183.jpg

飛び出しを狙うと、こんなもんです!
まるで弾丸
f0135157_16431073.jpg

飛びものがやっとこさ、撮れました。 偶然です!
f0135157_16444882.jpg

鳥の方から遠慮なしに近づいてくれるので最高です。
ピントがバチッと来ると気持ちが冴えます。 腕の悪さもカバー出来ます。
画像が大き過ぎ! あまりトリミングはしてませんが、鳥さんが近いので・・・ 贅沢 言ってます!
4年振りの公園で充分に楽しめました。

by yoshiaki-satow | 2011-03-10 17:10 | 冬 鳥 | Comments(4)
2011年 03月 09日

レンジャク

レンジャクのレンチャンです(^^)
昨日はハイタカに邪魔をされてわずかしか撮れず。

今日は沢山、しかも間近で、おまけにキレンジャクとヒレンジャクの編成隊で撮れました。
先ずはヒレンジャクから・・・
f0135157_23154257.jpg
f0135157_231626.jpg

モズのように飛びものが撮りたいと思ってましたが、飛び出しは弾丸ばかり・・・
偶然に撮れました。
f0135157_23163060.jpg
f0135157_23164516.jpg
f0135157_23172146.jpg
f0135157_23181088.jpg
f0135157_23183093.jpg
f0135157_23185184.jpg
f0135157_23194124.jpg

尾羽がありません、何かに襲われたのでしょうか? 
助かって良かったけど・・・ 国へ飛んで帰れるのかな?
f0135157_2320135.jpg
f0135157_23214446.jpg

日本ではヒレンジャクばかりが目立ちどしてもキレンジャクに人気が集まってしまいますが、世界的にはヒレンジャクの方が希少だそうです。
明日はキレンジャクのオンパレードです。

by yoshiaki-satow | 2011-03-09 23:31 | 冬 鳥
2011年 03月 08日

ヒレンジャク

我が家から10分少々・・・
ヒレンジャクが出てますよ! 先日お知らせをいただき出掛けて来ました。
超見上げで空抜けで撮る気にもならず鳥友さんと雑談ばかり・・・
そろそろお腹も空いてきたし帰ろうかな?
なにやら猛禽らしいのが頭上の宿り木に飛んで来たのに気付きワンショット
枝被りで空抜け、先ずは証拠写真でも撮らねば・・・
みなさんオオタカと判定されるので・・・
画像処理して図鑑を見ると・・・ 
胸の横班の間隔や尾羽の平らな所が・・・
ハイタカのような感じがしますが、猛禽の経験不足の私には判定が付きませんので悪しからず。
f0135157_2142993.jpg
f0135157_2142221.jpg


突然、招かれざる客の出現でヒレンジャクの群れは姿を消してしまい寒さと空腹感に襲われ鳥友さんとの会話も止めて家に帰る。

家でテレビを見ながら寛いでいると鳥友さんから、 椅子を忘れてませんか? とのケイタイをいただく。
これで椅子は幾つめかな? 
慌しく現場へ急行。 椅子を預かっていただきありがとうございました。
まだ、カメラマンがレンズを上のほうに向けて頑張ってます。
それではとカメラを担いで・・・
午前中は撮れず終いでしたが 本日の成果です。
f0135157_21544399.jpg
f0135157_21564225.jpg

f0135157_2285123.jpg

f0135157_215904.jpg

f0135157_2294765.jpg

失敗は成功のもと・・・こんなの初めて(笑)
こんな失敗なら何度でも良いですね(爆)

by yoshiaki-satow | 2011-03-08 22:02 | 冬 鳥
2011年 03月 06日

ハイイロチュウヒ

チュウヒの去った後30分程経過後と、またその後に突然現れました。
久し振りのハイチュウ♂です。
ただ、塒入りなので限られた時間しか撮れないのが残念!
f0135157_17522111.jpg
f0135157_17523932.jpg
f0135157_17524729.jpg
f0135157_17525836.jpg
f0135157_1753943.jpg
f0135157_17532031.jpg
f0135157_17533625.jpg
f0135157_17534724.jpg
f0135157_17535737.jpg
f0135157_1754527.jpg

思わぬ収穫に! Mさんありがとう!

by yoshiaki-satow | 2011-03-06 17:59 | 冬 鳥
2011年 03月 06日

チュウヒ

ハイイロチュウヒ ♂ が撮れると!! 聞いて・・・
ふわふわと飛んできて葦原にいきなりジャポン・・・
ええ! シャッターも切れなかったぁ・・・(涙)

それから待つこと小一時間・・・今度は♀が・・・ 
焦るが、今度は2、3回小さな旋回をしてくれたので何とか撮れる。
ハイイロチュウヒ♀のつもりで撮ってましたが、家に帰って・・・
画像処理していて? 違うのでは?
慌ててワシタカ図鑑を見てビックリ!!!
f0135157_15234065.jpg

新訂 ワシタカ類 飛翔ハンドブック によると
体下面と下雨覆に淡褐色の縦班。 下雨覆と下尾筒に横班がある。
風切と尾は全体に灰色で不明瞭な横帯。 腰は白い  とあります。
 大陸型チュウヒ♀成鳥? と記されてます。 でも、もしかしたら?
f0135157_15235716.jpg
f0135157_15241189.jpg
f0135157_15242613.jpg
f0135157_15245578.jpg
f0135157_15251140.jpg
f0135157_15253715.jpg
f0135157_15255061.jpg
f0135157_15263100.jpg

背と雨覆は暗褐色。 外側風切は黒く他の風切と小翼羽、
初列雨覆は青灰色で、暗褐色の横班がある。 尾は青灰色で無班。 
大陸型チュウヒ♂成鳥? と有ります。   
f0135157_17341193.jpg

図鑑に依ると♂と♀の区別が付き難いのです。 
初列風切羽の裏側の黒の濃い部分が♂は長く、♀は先端部に限られてます。

Exifに依ると時間差はジャスト2分 このタイプは一度しか現れなかったので上の写真と下の写真は同一固体の筈なんですが。
大陸型なのか、はたまた♂なのか♀なのか? 

皆様の資料、ご意見お待ちしてます。

by yoshiaki-satow | 2011-03-06 15:34 | 冬 鳥
2011年 03月 06日

タカサゴモズ

鳥友さんから、まだ居るとのことで遠征。
我が家を2時に出て7時着の予定が1時間遅れで到着、現場には4、5人、車も3台・・・
空は快晴、弱い風だが冷たいので寒い。
カメラをセットして土手を担ぎ降りると(やっと担げるようになりました)すでに数十メートル先に御出座しだ。
畑に刺してある鉄筋棒や園芸棒に鎮座
f0135157_14174219.jpg

f0135157_14182342.jpg

f0135157_142131100.jpg

今度は木の上から獲物を狙う、 桃や梅に止まってくれる事を期待するが止まってはくれない。
f0135157_14215887.jpg
f0135157_14223396.jpg

f0135157_1423843.jpg
f0135157_14232335.jpg

f0135157_1448768.jpg

遠くの方では2、3のカメラマンがモズを追って廻ってる。 ほかにも数名がばらけてる。
同行のY氏と二人で梅の木に来るのを待とう! という事でじっと我慢、 待つこと3、40分、モズがこちらに飛んでくる、するとカメラマンもわさわさとやって来る、私達の意志を伝えて、そのカメラマン達に私達よりも前に出ないようにお願いをする。
梅ノ木には止まらなかったが、するとモズの方から少しずつ寄ってくる、30mまで寄って来てくれた。
f0135157_14461131.jpg
f0135157_1446326.jpg

この後にもう一度チャンスが来たが先ほどの追っかけカメラマンが来ると私達の前に出てしまい鳥は遠のくばかり、諦めて撮影を止める事にする。
車に戻って昼食を・・・
30分ほど休むと滋賀のMさん、いつも愛嬌たっぷり、顔をぐしゃぐしゃにして 美人の奥さんを置いて一人で愛車でやって来る。
帰り道だから寄って行くと良いですよ!と地図をくれる。
ハイイロチュウヒが撮れますよって! 
ハイイロチュウヒって? ♂ですか? と、私の問いに・・・ ♀はそう呼びませんだってさ!
ナビを目的地にセットして、すぐさまMさんとお別れ。
さて、ハイイロチュウヒは撮れましたでしょうか?

by yoshiaki-satow | 2011-03-06 15:09 | 迷 鳥