野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 11日

アカショウビン

何故か? 6月1日の撮影ですが掲示板に貼られて無いのと、いろいろとご注意を頂き貼るのを遠慮してました。 もっと自由に、気ままに貼りたいものです、皆さんと隠し合わずに分かち合いたいものです。

今月からガソリンの値上げを知らなかったので出掛けてしまいました、でも知らなくて結果オーライ!
最近は徹夜の撮行がきわめて辛いです、翌日が仕事となると更に辛い。
それでも仲間に釣られて行ってしまう。 この魅力は何なのでしょうか?

結果は自己満足なヘボ野鳥写真、それでも良いんです! 鳥撮りが出来る今が一番です!
f0135157_21363860.jpg

現場への到着が7時、時すでに遅し、先着の人から1時間前に撮り放題だったと?
先着のカメラマン曰く、昨日も一回限りだったと! がっくり。

More 写真の続きがありますよ!

# by yoshiaki-satow | 2008-06-11 20:07 | 夏 鳥 | Comments(6)
2008年 06月 08日

ウグイス

珍しく人目の付くところで自慢げにホーホケキョと囀りを始める。
f0135157_22502759.jpg

この続きはエキサイトリンク、趣味の野鳥、つぐみさんのブログをご覧ください、面白いですよ!

# by yoshiaki-satow | 2008-06-08 13:09 | 留 鳥 | Comments(2)
2008年 06月 07日

ゴジュウカラ

今年はゴジュウカラに良く会います。
私にとっては10年一昔前の事ですが?。 彼の色合いがとても好きです、ブルーイッシュグレー、大好きな色です。 
スタイルもなかなかです、胴長短足のオオルリ(&satow)を、ものともせず、コマドリ、コルリに次ぐ恰好の良さ、良いですねぇ!
f0135157_19233137.jpg

逆さまになっても、ぶら下がっても大丈夫! キバシリの如く忍者風、カッコいい!
f0135157_19353731.jpg


# by yoshiaki-satow | 2008-06-07 20:08 | 留 鳥 | Comments(0)
2008年 06月 05日

ノジコ

ノジコが囀ってます。 必至で探しますが、見つかりません。
やっと、樹の上の方で囀ってます。 逆光、空抜けでした。
f0135157_22553739.jpg


# by yoshiaki-satow | 2008-06-05 22:57 | 漂 鳥 | Comments(2)
2008年 06月 05日

オオアカゲラ

アカゲラの声が頭上で聞こえるが姿は見えない。
懸命に探すと見つかるが枝被り、葉被りで写真にならない。
f0135157_18102788.jpg


More

# by yoshiaki-satow | 2008-06-05 18:12 | 留 鳥 | Comments(2)
2008年 06月 05日

アカゲラ

アカゲラの巣穴を発見! 雛の姿は見えません、まだなのでしょうか? それとも未だ孵化したばかりなのでしょうか? 
f0135157_072783.jpg


More 続きはこちらへ!

# by yoshiaki-satow | 2008-06-05 00:10 | 留 鳥 | Comments(2)
2008年 06月 03日

ニュウナイスズメ

ちょい遠征。
ニュウナイスズメの初撮りに近い撮影でした。
偶然に雛の巣立ちを目撃できました。 巣の雛や巣立ち後の雛の餌やりに色合いの違う♀によって行われてるのに気が付く。 どうもヘルパー(兄弟の子育て練習)らしい。
♂はそれらの♀が餌を運ぶたびに巣の近くに来ては警戒してる。 ♂の餌を運ぶ様子は見られない、用心棒の如くガードしてるように見うけられた。
f0135157_2132167.jpg

巣立ち雛を偶然見られました。 そこへヘルパーらしき♀が給餌にやって来る。

More  もっと続きを見てくださいね!

# by yoshiaki-satow | 2008-06-03 21:21 | 漂 鳥 | Comments(2)
2008年 05月 24日

サンコウチョウ

昨夜の天気予報で関東西北部は昼から翌日一日雨。
それではと週末の鳥撮りは諦めて就寝。 すると未明に目が覚めてしまい起きてしまったので、ネットで関東西北部のスポット天気予報を見ると昨夜の予報と変化なし、昼から雨、これでは折角出かけても午前中だけでは勿体無い!と諦めて早朝からBS番組を見る。 テレビが終わって雨戸を開けると、なんと晴天! 居ても立っても居られず家内の部屋を覗くとスヤスヤzzz、そおーっと、ママさん! 声を掛けてから20分して起きてくる。
彼女に何処かへ行こうよ!  すぐにこるりさんを誘って同行。
山鳥の居そうなところが分からず、家内の希望で私の苦手なシギチのツバメチドリへ向かう。
目的地に着くとそれらしい4駆の車が1台、双眼鏡を手に一人の女性が辺りを見回してる、どうやら目的は同じらしいが彼女の素振りから目的の鳥さんは居ないようだ。
それならと二人に次の場所を提案するなり即決!。 O山へ。 そこでは囀りすら聞こえず、30分ほどで諦めて、すぐ下の別の場所へ・・・ そこでも囀りが聞こえないので諦めて、戻り際にサンコウチョウ♀が囀ってちらっと姿を見せてはくれるが、とたんに雨がポツポツ、昼から雨との天気予報が不思議と当たった?。
しかしそこでも空振りに終わり帰路に着く。
途中から天気が回復して来たので、再度、家とは逆方向の別の場所へ。
f0135157_19343636.jpg

そこに着くといきなりホイホイ、ホイホイって囀りが聞こえる、すぐにカメラをセットして待つと高い杉の上部に3羽ほどのサンコウチョウがひらひらと舞ってる。 ファインダーにゲットするも飛ばれてしまい涙、ナミダの連続、反対に彼女たちのカメラからは連写に依る歓喜の悲鳴が聞こえて来る。 こちらからは私の涙の悲鳴が届かない事を願う。
f0135157_202816.jpg

今期初撮り、結婚前のサンコウチョウ、ギャル? 
どうしても天気予報を頼りにしてしまう。 だが6時間前の予報すら当たらない。 
今日は先週に続いて富士山麓へ行くつもりが県西北部へ、3度目の場所で4時まで半日潰したが、暇つぶしに終わってしまう。 明日、天気になあーれ!

# by yoshiaki-satow | 2008-05-24 20:43 | 夏 鳥 | Comments(4)
2008年 05月 18日

ノビタキ

今日は昨日のショックも冷め遣らず、懲りずに富士山麓へ。
昨日に続いていきなりコルリの囀りが・・・ 待てど暮らせど囀りだけが30m先から聞こえるのみ。
場所をいろいろと伺うが、これといった場所も見つからず。 昼になってようやく草原を見つけ、カメラを担いで散策。 ノビタキの♂、♀が見つかる。
♂、♀双方が出歩いて(飛び交わして)居るようで未だ営巣はしてないようだ。
f0135157_2210765.jpg

ノビタ君 ちょっと遠いな! 
f0135157_22324141.jpg

運転手にはハンディーがあります。 毎度良い所で見つかっても三脚を用意してる間に飛ばれてしまう。 
今日は前述の通り、昨日のショックが冷め遣らず、鳥を見つけては止まり、カメラをセットしたは飛ばれてしまい、カメラの設定を忘れていたようやく奥ふまったところで車から離れ散策する。
いきなりノビタキ♂が姿を見せてくれる。
f0135157_2245222.jpg

一般的だが♂の方が警戒心が強いようだ。 カメラを向けるとすぐに飛んでしまう。
f0135157_2236306.jpg

画像処理をしてあまりに画像がひどいので今夜はブログのアップを一度は断念しましたが、
本来は自分の撮り日記としての記録なので、画質云々は無視! アップすることにしました。
何故なら、昨日の夕方の設定のままでした。 昨夜から行き先が定まらず、仕方なく出掛けたので、気合が入らず全く設定を忘れていました。
f0135157_22524045.jpg

そんな訳でISO1000 SS1/8000 など 滅茶苦茶でした。
はなから諦めムードだったので、終始気が付かなかったのは初めて。
日中と暗中でのISOの違いを始めて知りました。 暗中ではISO1600でも耐えられるのに日中では耐えられません。
f0135157_2302768.jpg

カッコウ、ホトトギス、コルリ、センダイムシクイ、オオジシギのデモフライ、など欲求不満をためての帰宅となりました。 おまけに事故渋滞で昨日の倍の3時間。 心身共に疲れ果てました。

# by yoshiaki-satow | 2008-05-18 23:09 | 夏 鳥 | Comments(0)
2008年 05月 17日

ニューフィールド

先週末は生憎の天気でおやすみでした。
さて、今週は? 意気込んではいたものの前夜まで目的地が決まらず、就寝前にやっと決心。
5時半に出発、東名はかなりの混雑。 御殿場を降りてしばらくして行き先を変更。
途中、駐車場でトイレ休憩、するとクロツグミの声が駐車場の外で聞こえて来る。 慌ててカメラをセットして駆けつけると、今度はコルリの囀りが聞こえ、これは幸先が良いと、嬉しくなってくる。 そして探すが熊笹のブッシュの中で姿は全く見えず。 三羽ほど追っていくと遠くに別の何かが? ウグイスのようだった。
f0135157_2020763.jpg

諦めて別の場所へ
着いた所は初めてのフィールドでした。 駐車場に着いてすぐにセンダイムシクイの声が、カメラをセットして間も無く数十メートル離れたところでまたコルリの囀りが聞こえて来る。近寄って森に入るとすぐ近くでコルリの囀りが聞こえる。 しばらく待つが姿は見えない、そのうちに今度は駐車場の外側でコルリが囀ってる。 場所をそちらに移して探すが囀りも止めてしまって見つからない、そこへ野鳥カメラマンらしき男性が二人近寄ってくる。 私たちはここでも諦めて移動する。
f0135157_20261785.jpg

そこから森の中へずうーっと登り道で気が重いが、まるで戸隠に来たみたいな雰囲気なので気を持ち直して前進。 先ほどのカメラマン男女3人がやって来る。 先ほどのコルリはヤマザクラに乗ってから森に飛んで行きましたと。 彼らも撮れなかった。 我々を追い越してどんどん登って行く。 残された我々は休み休み登って行く、途中、センダイムシクイ、メボソムシクイ、ミソサザイ、コルリ、キビタキ、ツツドリ(鳴きながら移動するようであちらこちらでポーポーと声が聞こえる)アカゲラ、ゴジュウカラなどの声が聞こえたがご覧の写真2枚だけ、途中追い越された若い男女のバーダーさんに、サンコウチョウは見ましたかと聞かれる、どうやら居るらしい。
また今日も経費倒れ(トホホ) さて、明日は休みたいが、今日はボウズ、どうしましょう?
PS. きょうお昼休み中に私たちの車の前を(30メートル)ヤマドリ♂がゆっくりと歩いて横切りました、最初に見た瞬間尾羽が水平に長くてキジ♂と思いましたが、次の瞬間ヤマドリだと気付きました、逃がした獲物は大きかった!
カメラを持ってなかったので撮れませんでした、よくよく今日はツイてませんでした。

# by yoshiaki-satow | 2008-05-17 20:51 | 分類なし | Comments(0)