タグ:オオアカゲラ ( 2 ) タグの人気記事


2010年 05月 04日

オオアカゲラ

オオアカゲラが営巣してると、一人のバーダーさんがその場所まで案内をして教えて下さる。
15分おきに餌を運んで来ると・・・30分待っても来ない・・・ 
Yさんが、1本運休したんじゃ無い? と笑わせてくれる。 
巣穴のかなり後方に何か白いものが? もしかして? 予感は的中・・・
今度は前よりも近いが・・・ それでも50m以上、しかも枝被り・・・
待つうちに近くの樹上にやって来たが、思いっきりの見上げに枝被り
サンショウクイ♀
f0135157_15334649.jpg

サンショウクイを真上に見ていると、下のほうをアカゲラが飛んで行くのが見えた・・・
アカゲラが来ましたよ! と皆さんに声を掛ける。
巣穴の横に♀が止まると、♂が顔を出す、とすぐ様飛び出していってしまう。
オオアカゲラ♀、♂
f0135157_15405959.jpg
 
飛び出しは見事に連写出来たが丸っきりピンボケ・・・
悔しい! 折角飛び出しが撮れるのに・・・? 
ロクヨンの被写界深度では・・・どうにもならない?
f0135157_1538915.jpg

今度は飛び付を狙って少し手前に置きピン(あらかじめピントの会う場所を決めておく事)
ところが予測が外れて斜めからの飛び付きでこれまたピンボケ・・・
f0135157_15462531.jpg

オオアカゲラ♂
f0135157_15494168.jpg

オオアカゲラ♀
f0135157_155025.jpg

撮り方、設定を変えて飛び出しだけを重点的に狙うことに・・・
f0135157_15501848.jpg

♀の飛び出し、何とか撮れました♪
f0135157_15503133.jpg

次は?
f0135157_15514729.jpg

これも何とか撮れました♪ でも、翼の形が・・・?
f0135157_15521879.jpg

これからの3カットはワンフレームに3連写撮りが出来、大満足♪
♀が巣穴から身を乗り出し、飛び出した瞬間から連写・・・
f0135157_15525268.jpg

苦心の結果、大成功でした。
f0135157_15531020.jpg


f0135157_15533195.jpg

最後に巣穴の飛び出しのノートリミング画像。 
被写体までの距離は約30m。
f0135157_1554161.jpg



撮影余話
前回のサシバのトビモノは狭い場所で大きなレンズを振り回し被写体を必死で追うのに対して、今回はカメラを一定位置に固定した撮影方法、撮り方の工夫とカメラの設定をしてしまえば、あとは鳥が来る瞬間を待つのと忍耐なので、疲労は見上げで首に掛かる、時間があれば何度でも何枚でもチャレンジして様々なカットが撮れることでしょう。
フィルムカメラと違い、露出の確認、ピントの確認が出来、経済性を無視して思いっきり連写が出来るのがデジタルカメラの最大のメリット。 

シャッター速度は必要以上に、また極端に早くしない方が良い (翼の先端のブレが無くなり、止まってしまうと動感が得られない)
カワセミや猛禽のホバリングなら 1/750 程度で充分。羽の先端がブレて動感が得られる。

ホワイトバランスはほとんど太陽光 (少々の曇りでも) が良い(AWB-オートにしてしまうと寒々しい色合いになってしまう、RAWの場合は後で変更出来るので間違えても大丈夫)

野鳥フレンド 4人で始めた撮影も何時しか気が付くと、カメラマンやバーダー、通行人を含めると40~50人に膨れ上がり、3m以上もある道が完全にふさがれてしまってる。 
マナー不足のカメラマンに道端に寄るようにお願いしたりと・・・開始から終了まで2時間半ほどで引き上げて来る。

撮影データ  (ノートリミング画像)
AV(絞り優先) ISO640 F8.0 SS 1/1250 露出補正 +2/3 WB 太陽光(色温度 5200° ケルビン)
高速連写(秒/10駒、最大設定) 部分測光(AEロック不使用) MF マニュアルフォーカス (AF不使用) 
レンズ キャノン EF IS 600/f4  カメラ 1D MK3 

by yoshiaki-satow | 2010-05-04 16:19 | 留 鳥
2008年 06月 05日

オオアカゲラ

アカゲラの声が頭上で聞こえるが姿は見えない。
懸命に探すと見つかるが枝被り、葉被りで写真にならない。
f0135157_18102788.jpg


More

by yoshiaki-satow | 2008-06-05 18:12 | 留 鳥 | Comments(2)