野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:オオワシ ( 7 ) タグの人気記事


2016年 02月 03日

オオワシ

突然の知らせを頂き出掛けたら、居ました!・・・
オオワシの撮影は関東では初めて。
f0135157_1695716.jpg

残念ながらかなりの上空ばかりで証拠写真に終わる。
地元のカメラマンに、昨日来れば最高だったのに!と・・・

by yoshiaki-satow | 2016-02-03 16:16 | 冬 鳥
2014年 01月 26日

大鷲 3

珍鳥情報が全くなく寂しい限り・・・
ドライブを兼ねて琵琶湖への遠征で・・・
残念ながらスタッドレスの活躍は全く無く・・・

威嚇されたトビを追い掛け
f0135157_21314281.jpg

攻撃をかける・・・
f0135157_2134034.jpg

後を追い掛け・・・
f0135157_21345734.jpg

横から蹴りを入れようとするが・・・
f0135157_21355843.jpg

距離が縮まらず・・・
f0135157_21365468.jpg

後方からの追撃に・・・
f0135157_2137483.jpg

更に離れるばかり・・・
f0135157_21383749.jpg

諦めて・・・
f0135157_21391630.jpg

適当に着樹
f0135157_21463296.jpg

前出の素晴らしい琵琶湖畔から飛び立ち数㌔離れた樹木で休憩、湖畔の様子を伺ってるようだった
f0135157_2148856.jpg

ワンチャンスでもダイビングを見られれば、もう一泊と思っていたが期待薄なので帰路に着く
行きとは違い、帰路は飛ばし屋さんと連んで休憩も一度のみで5時間で帰宅、疲れました・・・
往復953㌔、行きはオートドライブImodeで平均燃費12.7㌔/L、帰りは高速S#でも平均燃費11.9㌔/Lでした。
極端な違いは無く、上りと下りの影響でしょうか?

フォレスターXT STIコイルスプリング、タワバー仕様にチューンアップ 高速加速性、コーナリングでの安定性は国産SUV最高と思われるが年齢に反して、先ずは視力が衰え始め、操縦適正に遅れを取り始めてるのが至極残念だ!

黒田勘兵衛記念館(木之本インター近く)に寄りたかったが、帰りは長浜インターからで残念ながらパスしてしまった!!

by yoshiaki-satow | 2014-01-26 22:17 | 冬 鳥
2014年 01月 26日

大鷲 2

琵琶湖の山本山へは過去数回訪問してる。
今年は2羽のオオワシが入ってる。
残念ながらダーウィンには巡り会えず木止まりのオオワシに・・・
現地に到着すると超見上げの樹上にオオワシが居た!
f0135157_20383760.jpg

羽繕いをしたりと、なかなか飛びだしそうもない。
f0135157_20422980.jpg

するとトビが頭上でちょっかいを出し始める
f0135157_20425765.jpg

おっと、危ない 樹から落ちそうになる
f0135157_20434911.jpg

トビに向かって嘴を開けて怒ってる
f0135157_2044555.jpg

さらにトビは楽しむように頭上すれすれに威嚇し始める
f0135157_20462240.jpg

トビの嘴を開けての威嚇が見える 傍目には楽しい!
f0135157_20475362.jpg

流石のオオワシも両足を迎撃態勢に変え樹から飛び上がってしまう
f0135157_2048228.jpg

オオワシも負けじと追撃態勢に入る
f0135157_20503641.jpg

怒り心頭、追撃態勢に
f0135157_2052843.jpg

このあとバトルになるのでしょうか?

by yoshiaki-satow | 2014-01-26 15:28 | 冬 鳥
2014年 01月 25日

大鷲

オオワシのダーウィンが撮りたくて久し振りの一人深夜ドライブを敢行・・・
440キロ6時間、オートドライブ(最高速度の設定で114キロ)で走るが、寄る年波には勝てず夜間の視力に限界を感じ照明なしの真っ暗なところでは怖さを感じる。
今の車はヘッドライトが下向きの場合に助手席側から左側は遠方まで照射され明るく見えるが、運転席側の照明は数十メートル先までしか照らしてくれないので時速114キロでも不安で怖い・・・

こんな素晴らしい場所でカメラをセット(写真は翌日撮影)
f0135157_19543667.jpg

右遠方の杉の木天辺にオオワシが止まり、9時に到着するも1時過ぎまで鳴かず飛ばず・・・
4~500メートルはありそうだ
f0135157_19572914.jpg

渡良瀬で3,4年前に知り合った滋賀県在住のFさんに当日出勤前の忙しい朝に連絡をつけて頂き
現地大鷲の第一人者Yさんのもとへ急行、京都のOさんと3人で楽しい半日余りを過ごす
f0135157_19581688.jpg

カメラ談義の最中にYさんの、居ない! の一言に遠方のオオワシに目を配ると、居ない!?
遥か遠方に白い影が見え、追うとオオワシが飛んでくる
f0135157_2065873.jpg

近づいては来るが遠くの谷間に消えてしまう。
f0135157_2091384.jpg

それから3人で探し回るが見つからない、諦めて一人山本山へ・・・

by yoshiaki-satow | 2014-01-25 20:15 | 冬 鳥
2010年 01月 30日

北国へ4

オオワシに次いでの大きさを頭上で見ると唖然とします。
昨日のウトロ漁港のでの苦労は一瞬で吹っ飛んでしまう。
f0135157_16314919.jpg

何処でもそうですが、此処でもまたカラスが小さいながらもオジロワシを追い払おうと追い掛け廻してます。
f0135157_16402023.jpg


f0135157_16421183.jpg

近すぎてフレームアウトです、この位近いと流石に、あの mkⅢ AIサーボ でも実力(AF=ピント)を発揮してくれました。
f0135157_16432459.jpg

f0135157_16554128.jpg

丹頂のど真ん中にランディングです。 
それでも慣れているせいか、丹頂たちはお構いなし、全く動じません。
f0135157_1656164.jpg


苦労の甲斐もあり?(運転が7時間、撮影が実質30分) 先ずは、初撮りのオジロワシでした。 
もしも次回が有りましたら、苦労をしてでも、生のオジロワシ、オオワシ、いや、ユキホオジロを撮りたいものです。
f0135157_624475.jpg


by yoshiaki-satow | 2010-01-30 17:02 | 冬 鳥
2009年 01月 02日

オオワシ

お山は霙(みぞれ)です、低い山なのに上は霙、下は雨でした。
何故か口を良く開けてました、昨日はカモ料理だったらしいけど、今日は断食、何度漁に出掛けても空振ばかり。
すきっ腹で、せめてみぞれアイスでも口に入れて飢えを凌がなければ?
f0135157_1741985.jpg


f0135157_17444778.jpg

f0135157_17465479.jpg

f0135157_17472792.jpg

f0135157_17482572.jpg

f0135157_17515019.jpg


ちょっと変わった光景を見ました。 空振漁からの帰りに上空でこちらに向かって羽ばたいて向かって来る途中、あの大きなオオワシがロールをしたのです。あっと言う間の出来事なので残念ながら連写出来ませんでした。 (注:ロールとは進行方向を軸に身体をねじりながら1回転させます、実機戦闘機でもパイロットの試験に有ります)
真っ直ぐに飛んでます。
f0135157_17582264.jpg

あっと思った瞬間に身体を左にねじってます。
f0135157_1801541.jpg

次の瞬間には元の体勢に戻りました。 足が開いて不安定ですが・・・
f0135157_181139.jpg

こんな光景を2度見ました。 
ラジコンヘリで経験がありますが、難しいです。

オオワシのロールは?何のためでしょうか?遊びなのでしょうか? 

 

by yoshiaki-satow | 2009-01-02 14:34 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 01月 02日

オオワシ

暮れに行った折には振られてしまいましたが、念が通じてくれたのか、早朝から待っててくれました。
この日の天候は全天候、すなわち、曇り、雪、みぞれ、ヒョウ、雨のち晴れ! これの繰り返しでした。
雨にも負けず、雪にも負けず、じっと耐え・・・
ポイントに到着すると100mほど見上げの樹にオオワシが!止まって!ますと・・・
遠くて絵にならない・・・
飛び出しをじっと待つが疲れ果てて・・・勝手にすれば! 
気が付くと、オオワシは飛び去り、空振漁からの帰り、空は青空。
f0135157_21355244.jpg

今度は曇り空でのご帰還
f0135157_11462561.jpg

相変わらず遠くへ止まってしまう。
f0135157_1148692.jpg

f0135157_21414270.jpg

一度木に止まると小一時間は動かない、後はじっと飛び出しを待つのみ。
f0135157_11521327.jpg

f0135157_1153262.jpg

餌も持ってないのにカラスがちょっかいを出しにやって来る。
f0135157_11543246.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-01-02 12:43 | 冬 鳥 | Comments(0)