野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:キレンジャク ( 8 ) タグの人気記事


2015年 03月 16日

キレンジャク

黄色いのがやっと来てくれた、でもアップandダウンのすっごくきつい・・平、腰が心配で諦めてると朗報が入る。
大挙して関東に来たようだ。
f0135157_13582792.jpg
f0135157_14033424.jpg
f0135157_14040476.jpg

早朝から大勢のカメラマンで午前中全く撮れず・・・
キジとアオゲラで暇つぶし。




by yoshiaki-satow | 2015-03-16 14:12 | 冬 鳥
2011年 03月 10日

キレンジャク

ヒレンジャクに続いてキレンジャクです。
9羽居たうちの2羽がキレンジャクでした。
f0135157_16331856.jpg

良く見たら これは、ヒレンジャクのようですね?
f0135157_1649826.jpg

f0135157_16361071.jpg
f0135157_16363267.jpg

あれえー! ホバリングしてるうー!!
慌ててカメラを向けてもピントがあー (><)
来た来た来たあー! 感激の一瞬、やっとピントが合いました! 
ホバリング4枚ゲットです。
f0135157_16364822.jpg

なんと ホバ食いです!!
f0135157_16395626.jpg

近過ぎて大き過ぎ (ノートリミング)
f0135157_16405254.jpg

同じく
f0135157_16414762.jpg
f0135157_1642944.jpg

ナンチュウ、頭してるの? 
f0135157_16425183.jpg

飛び出しを狙うと、こんなもんです!
まるで弾丸
f0135157_16431073.jpg

飛びものがやっとこさ、撮れました。 偶然です!
f0135157_16444882.jpg

鳥の方から遠慮なしに近づいてくれるので最高です。
ピントがバチッと来ると気持ちが冴えます。 腕の悪さもカバー出来ます。
画像が大き過ぎ! あまりトリミングはしてませんが、鳥さんが近いので・・・ 贅沢 言ってます!
4年振りの公園で充分に楽しめました。

by yoshiaki-satow | 2011-03-10 17:10 | 冬 鳥 | Comments(4)
2011年 02月 08日

ツアーガイド

今日は運転手兼野鳥ガイドで・・・
車にレンズを続けて破損した気の毒な御仁の鳥友&飲友を乗せて彩の国へ
公園に着くなり頭上を越えて目の前にキレンジャクが降り立ったのにはビックリ。
私のレンズは彼に貸し、私のレンズは妻に借り・・・
厄介な鳥撮りとなる。
幸か不幸か目の前に降りてしまったので、私の借り物の4/4 DO ×1.4 でも 近過ぎて・・・
f0135157_22253517.jpg
f0135157_22255466.jpg
f0135157_2226993.jpg

縦位置にトリミング  (他はノートリミング)
f0135157_22262241.jpg
f0135157_22263515.jpg

30分程で飛び去って、その後は近くに寄ってはくれなかった。
我々も別の場所に移動、暫くすると遠方の樹の天辺に7羽のヒレンジャクが・・・
その後11羽になって戻ってくるが、近くには着てくれず。
彩の国の他の場所へ移動しようと車に戻ると、コミミに行きたいとせがまれ移動する。

現場に着いて寒いので休憩、カメラを出して1時間ほどするとすぐ土手の下のにコミミが顔を出す。
こんな状態で5時前まで経っても変化無し、300m先では先に止り木に出てる。
f0135157_22354743.jpg

次第に暗くなって来るが一向に飛び出してはくれない。
ボウズで帰るのも悔しい!
幸い今日は家内の借り物ヨンヨンなので300m先へ軽快に足を進めて撮ったコミミ
やけに黒っぽい茶色に驚く。
f0135157_2240485.jpg

元居た場所に目をやるとみんなで撮り始めてる、慌てて戻ると
こちらはこんなに白い 
ヨンヨン、エクステンダー無し
f0135157_2329156.jpg

最後に自分のロクヨンで  エクステンダー無し 
f0135157_23293272.jpg

いずれもトリミング比率、シャープネスは同じ。
ロクヨンに対してヨンヨンの重量は4割以下、楽に担いで走れる・・・
やっぱり重くてもロクヨンが良い バックのボケ味が全然違う

by yoshiaki-satow | 2011-02-08 23:04 | 冬 鳥
2011年 02月 06日

キレンジャク

10日近く前に教えて頂いてたがリュックが背負えないので諦めてました。
2日前に撮れたとの情報を頂き、何とか歩けそうにもなって来たので出掛けてみたら未だ居てくれました。
f0135157_15321584.jpg
f0135157_15323197.jpg
f0135157_1533738.jpg
f0135157_15332395.jpg
f0135157_1534361.jpg
f0135157_15345987.jpg
f0135157_15355198.jpg

梅の蕾がやっと綻び始めたばかり、花開く頃まで居てくれると良いですね!
凄いカメラマンの数で身動きも出来ず枝被りも我慢我慢。
2時間強で止めて次の目的地に・・・車に戻り始めるとリュックと三脚が重く肩と腕が痛くなり、次の白いベニマシコを諦めて帰路に。
5週間の休養でなけなしの筋肉は全て消滅し、残ったのはメタボの脂肪ばかり・・・
これからは大嫌いな筋トレをしなくては。

今日のような殺風景な場所ではキレンジャクに居て欲しい・・・
珍しさではキレンジャク、華麗さではヒレンジャク 
グローバル的にはヒレンジャクが希少価値とか
紅梅にはキレンジャク  白梅にはヒレンジャク が映える・・・  なんとまあ 贅沢な話だ!!!

by yoshiaki-satow | 2011-02-06 15:40 | 冬 鳥
2009年 03月 19日

レンジャクー(3)

レンジャクはこれでお終い!

樹と樹の間の小さな隙間に発見! でも身体が見え隠れして中々思うように撮れません。
待ちました・・・ やっと・・・ 絶対に何とか撮ろうって、予想が的中、小さな幸せでした!
f0135157_2321086.jpg

この日の凄かったことは、鳥が目の前の沢山のカメラマンを恐れずに余りにも近くに寄って来た事です。
f0135157_2364062.jpg

この場所に黄色と赤が2羽同時に乗ったの見てすぐさま縦列するカメラマンの後方から狙ったのですが、ゲット出来ずに残念な思いをしました。
f0135157_2381317.jpg

f0135157_23222537.jpg

目の前に来て横位置では入らず、縦位置で撮りました、距離は≒6.7mでした。
f0135157_23133192.jpg

同じくです。
f0135157_23163210.jpg

f0135157_23173188.jpg

f0135157_2318985.jpg

f0135157_23184070.jpg

近すぎて、どれを撮ったら良いのやら嬉しい悲鳴を上げてました。
ハイッ! うさぎさん、10は多すぎですー、3つでお終いにしましょう。

by yoshiaki-satow | 2009-03-19 22:57 | 冬 鳥 | Comments(4)
2009年 03月 18日

レンジャク~(2)

ヒレンジャクとキレンジャクが何か内緒話をしてます。
f0135157_22104393.jpg

あらら! 寄り添っちゃてー。  ひゃあ!愛を告白してるのかな? 
f0135157_22104845.jpg

ヤバイ! 覗きがばれた! 
これ以上立ち入るのは止めましょう。
f0135157_22125327.jpg

さて、こちらは一人で寂しく草の中の実を必死で探してます。
f0135157_22153164.jpg

同じくこちらも愛は無く、食べるのに夢中!
f0135157_22174052.jpg

赤の特徴が良く分かります。 良く見ると私には赤の方が綺麗なようにも見えます。
f0135157_2249322.jpg

背伸びをして鋭い赤い目で実を捜してます。
うーん、腹減った・・・実は何処だ? 
f0135157_22521021.jpg


by yoshiaki-satow | 2009-03-18 23:00 | 冬 鳥 | Comments(0)
2009年 03月 16日

レンジャク~(1)

昨日は春の嵐でゆっくり出掛けましたが、撮れずに早帰り。
今日は前夜の打ち合わせでは千葉へ。
就寝間近に独断と自己希望で行き先変更、彩の国へ・・・
目的地に到着するや否や数名のカメラマンが、ゆっくーりそーっと、近づくとレンジャクが・・・
混みあった見上げの枯れ枝に・・・
2、30ッ羽の群れが100mほど先に移動する、遅ればせながら我々も移動すると、先着のカメラマンはすでにシャッターを切ってる。
森の草むらに盛んに降りては実を啄ばんでる。 (写真には撮れません・・・涙)
f0135157_20554620.jpg

尾羽を注目! キレンジャクですう~(笑)
f0135157_2056512.jpg

草むらの中をまるで平泳ぎ? あるいは野球の審判・・・セーフ! 
f0135157_20581995.jpg

どう言う訳かキレンジャクが目に付いて・・・
f0135157_2102327.jpg

ヒレンジャクとキレンジャクの2ショット! 分からないかな? 本当なんですよ!
f0135157_210496.jpg

端正な黄色です。
f0135157_21431.jpg

逆光に映えて、綺麗です!
f0135157_217067.jpg

キレンジャクにヒレンジャクが同時に沢山撮れたのは初めてです。

by yoshiaki-satow | 2009-03-16 21:12 | 冬 鳥 | Comments(2)
2009年 03月 03日

紅梅にキレンジャク

5度目にしてようやくコイカルに会える。
現場に着くと一人の顔見知りのカメラマンが椅子に掛けて前方を見てる。
カメラをセットする前に声を掛けると、出てますよ! と気持ちの良い返事が返ってくる。
すわっ! 急げ! ビリでカメラをセットして小走りに歩み寄ると、確かに沢山のイカルが樹上に止まってる。
暫くすると一羽二羽とイカルが地面に降り立ってくる、次第に数は増し20羽位が降りてくる。
何かに驚き、一斉に飛び上がってしまい、その中の一羽が上手いことに近くの紅梅に止まってくれる。
然しながらすぐに飛び立ってしまいガッカリ。
カメラから眼を離すと、同じ紅梅の右側にもう一羽が止まってる、すぐさまファインダーに取り込むと、尾羽が黄色い!
キレンジャクだあ! 
f0135157_20244571.jpg

私のカメラからは17メートルほどで目線より少し上の距離、幸いエクステンダーを外しておいて良かった。
f0135157_21173641.jpg

横位置では紅梅が沢山入ら無いのですぐさまカメラを立て位置に・・・ノートリミングで丁度良い。
f0135157_21182611.jpg

飛び出しかな?
f0135157_21185138.jpg

こちらもノートリミング。 ただ、右向き左向きのワンカットでしたが私はもちろん皆さんも大満足でした。
f0135157_2119158.jpg

こんな偶然って?  コイカルに夢中になっていた私達は、あのコイカルもどきが梅に止まってくれなかったら、きっと誰も気が付かなかったでしょう。
11人のラッキーズ カメラマンでした。

by yoshiaki-satow | 2009-03-03 20:11 | 冬 鳥 | Comments(4)