野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:コジュリン ( 1 ) タグの人気記事


2011年 08月 30日

珍鳥

遠方の写友から浮島にマダラチュウヒの若が出てると。
図鑑を見ると、俄然虫が騒ぎ行きたくなる。
ブログを見ると、行こう!と決意
でも天気予報では朝から雨模様、もし早朝に目が覚めたら天気予報を見てから判断しようと決めて就寝。
偶然にも4時過ぎに目が覚め、天気予報は曇りに変わってる。
現地に到着すると10人位のカメラマンがすでに待機やら支度をしている。
隣り合わせたご夫婦(私とほぼ同年代)に、どちらからですか?と尋ねると広島からと・・・
去年岡山まで遠征したが更に数十キロ先なので驚く。すると一時間ほど遅れて七十半ばのご夫婦が広島から向かってると聞き更にびっくり
写真は二百数十メートル先のミサゴのペア
f0135157_1011774.jpg

先着のご夫婦と話すうちに、情報提供者が同じ人だと分かり、あまりの偶然に驚く。
後着のご夫婦をを交えて雑談に更ける、もちろん目的の鳥さんは姿を見せてはくれない。
夕方6時に退散。
翌日は期待出来そうもないので休むつもりでいたが写友が行きたいと言うので付き合うことに。
どうやら私が聞いた前日に抜けてしまったらしい。
広島組のご夫婦は遊びだけで年間3万キロから4万キロ走るそうでまたまたびっくり(私が現役の頃、仕事と遊びで4万キロ強)
写友の写友で有ることから旧知の仲間の如く楽しい一日を過ごすことが出来た。
f0135157_10211146.jpg

二日目も朝から夕方まで全く出ず、遠くにミサゴが飛び目の前ではコジュリン、セッカ、オオセッカが舞飛ぶも写真は撮る気になれず、ただ茫然と遠方の湖と芦原を眺めるのみ。
震災以後気楽な独りドライブで長野、日光、天竜、霞ヶ浦と4回で一勝三敗、ブログが停滞する始末
震災以後初の珍鳥ニュースには空振りではあったが久し振りに気持ちが躍った。

by yoshiaki-satow | 2011-08-30 10:52 | 留鳥-漂鳥