野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:コルリ ( 7 ) タグの人気記事


2015年 05月 22日

夏鳥

コマドリ狙いで群馬へ・・・
到着するも雪は降る中、超寒くて出鼻を挫かれるが、ファイト! 
期待は見事に外れ(時期尚早) 登山道には残雪が、暫くの間カメラを据えて待機、登山者が数人、挨拶を交わす。
囀りが聴かれず、1時間半ほどで早々に撤退。

次は初めての場所は栃木へマミジロ狙いに・・・
f0135157_19342783.jpg
f0135157_19360501.jpg
こちらでも寒い中5時間待ったが目的の鳥さんには会えず、期待は見事に外れた。
生憎の中コルリの姉さんが出向えてくれたのが、せめてもの慰めでした。




by yoshiaki-satow | 2015-05-22 19:57 | 夏 鳥
2015年 05月 15日

コルリ&クマタカ

2カ月振りに熊鷹山へ、到着から2時間以上一人ぼっちで少し寂しい かな?・・・
一部のCマンは神奈川の熊鷹沢に駆けつけてるが失望してリベンジは無いとか?

カメラをセット、十数m位のところでコルリが盛んに囀っているがいくら探しても見つからない。
1時間ほど過ぎて諦め何気なく眼を遣ると、距離的には20mほど。

f0135157_17411431.jpg
f0135157_17413434.jpg
f0135157_17415399.jpg
f0135157_17420690.jpg
2時間半ほどして、ようやく顔見知りのカメラマンが三人、その後二人・・・すると背後から2羽のクマタカがピーピーと鳴きながら現れるが逆方向に
挨拶の嫌いな御仁曰く、クマタカが撮れるようになるのは半年先かな? だって・・・
一時期の繁盛ぶりも嘘のように閑散としてた。

コルリもクマタカも欲求不満だけど帰路に着く。

前日、開通間もない首都高速環状線山手トンネルを板橋からの帰りに大井南まで走った。
行きの湾岸線~羽田線~環状線~北池袋線が普段より空いてるような気がした、新環状線の影響が効果してるのではないか。

先日バージョンアップしたナビが首都高速や八王子、圏央道に役に立った。

行きは普通に環状線から北池袋経由で板橋へ、帰りは板橋~北池袋手前から環状線~中央高速ー首都高速線ー東名高速ー首都高速線を横切り大井南から湾岸線へショートカット。
実にスムーズな走行が出来た、トンネル走行なので気分は冴えないがガラガラかつ割と直線的且つ緩いカーブに四角く大きく明るいトンネルは実に走り易かった。制限速度60㌔を80㌔以下で左車線を安全走行、最後に大井南に近づくと気付かないうちにかなりの急勾配の登り坂になり、気が付くと我ながら60㌔を割っていた、慌てて加速。
近い将来登り車線特有のダラダラ渋滞が発生するでしょう、対策は今のうちにして欲しい。





by yoshiaki-satow | 2015-05-15 20:05 | 夏 鳥
2013年 07月 12日

避暑地の温泉で

群馬の鳥友さんからのお誘いで、避暑に出掛けた。
愛車の半年点検&ちょうど一万キロ整備を済ませ二人の鳥友さんと未明のドライブ・・・
7時過ぎに温泉地の上の森林公園に到着、なかなかポイントが分からず三人で歩き回ると、らしい・・・場所を発見するが誰も居ない・・・

車に戻りカメラを担ぎ、再度山を登り、池の見下ろし場所で待機するも水浴びにやって来る鳥さんはカラ類ばかり。
カラ類さん達は撮らなかった。
今日の目的の鳥さんはマミジロだが・・・
黒っぽいのが来た!
f0135157_20565759.jpg

クロツグミ♂だった。
f0135157_20571780.jpg

今度はコルリだ、鳥までは見下げで二十メートル弱又は遠くても二十数メートル
f0135157_2059042.jpg

これだけの距離が離れてるのに何故か警戒心が強く、どの鳥も水浴びがちょいの間、あっという間のカラスの行水だろうか?
f0135157_2105585.jpg

続いて♀が
f0135157_212575.jpg

f0135157_2124838.jpg

キビタキ
f0135157_2134447.jpg
f0135157_214497.jpg

シメ
f0135157_214308.jpg
f0135157_215562.jpg

気温は二十数度、木陰で涼しく最高のコンディションだが鳥さんには恵まれなかった。
私たちの後に二組のバーダーさんがやって来たが同行の鳥友さん達の洒落や絶妙のトーク&漫才談義に暇をもてあそぶことは無く楽しいひと時であった。
昼にあがり、今話題の日本最高気温の館林へ・・・

by yoshiaki-satow | 2013-07-12 21:17 | 夏 鳥
2013年 05月 28日

カッコウ

前夜急に思い立ち高原へ
深夜の一人ドライブ、行きはオートドライブで経済運転(中央高速の登りなのでL/13キロ弱)
平日の月曜日とあって7時半でも駐車場はガラガラ、カメラの支度を始めようとするとご近所のデンタルDR
のS氏と会う、前日からご夫婦で・・・
カメラを担いで少し歩くと知人のMさんご夫婦とバッタリ、前日から泊でと・・・ 良いなあ! 
赤いのは来てないと、じゃあコルリだけでもと木道を歩むと囀りが聞こえる、カメラマンが数人

同じコルリが移動しては囀るが見つからない、隣で独り占めしてバチバチとシャッターを切るカメラマンが、場所は教えない、周りのカメラマン達も焦って場所を探すが、なかなか見つからない。
奥さんに、場所をはっきりと言いなさいよって・・・ こんな時性格が出ちゃうんだなあ
f0135157_12742100.jpg

全然目が出ない!
f0135157_1292242.jpg

鳥も囀りも少なく、今日はボーズかな? とりあえず廻ろう!
向こうから来る人達とすれ違う、挨拶を交わしてもつれない返事・・・ 向こうへ行っても駄目か?

前方にカメラマンが数人がバチバチと・・・
彼らとは全然違う位置にカッコウが枝に止まった
f0135157_12224250.jpg

しきりに下を向いてる  ははーん! 企んでるな!?
この後地面の草むらに飛び降り、姿は見えず、10秒くらいで飛び立つ 場所は違うが2度見た
f0135157_12261323.jpg

f0135157_12272468.jpg

他のカメラマンは4,50メートル先のカッコウをバシャバシャ・・・
私は十数メートル、目の前のカッコウを独り占め
でも、枝の向こう側だ!
f0135157_12452225.jpg

チャンスは黙って待つもの
12メートル、目の前にやって来た
f0135157_12293086.jpg

私を見てますが、大丈夫
f0135157_12511239.jpg

M夫人が一人カメラマンを搔き分けて私の方にやって来るが皆と同じ方向を撮ってる、Mさん!目の前に居ますよって、わああ!っと感嘆の声が・・・
右を向いたり左を向いたりとサービス満点でした
f0135157_12352863.jpg

f0135157_12371828.jpg

f0135157_12373971.jpg

結局10人以上のカメラマンたちがそれぞれ興奮を隠せず喜び合ってた。
托卵行動は♂♀がバサバサと樹から樹へと2羽で飛び交い1羽が飛び降りる行動パターンのようだ。
カメラマン達が撮っていたので最後についでに1枚
f0135157_1255713.jpg

寝不足と重いカメラで疲れ早くも11時に東屋で休憩・・・

by yoshiaki-satow | 2013-05-28 12:57 | 夏 鳥
2010年 05月 21日

マミジロ

前回は時期的に早過ぎてコルリにの姿はもちろん声さえも聞かれませんでした。


by yoshiaki-satow | 2010-05-21 09:45 | 夏 鳥
2009年 05月 21日

やっとコルリに会えました。

コルリが撮りたくて富士山に通ったがまともに撮れなくて気持ちが晴れない。
今回はまた信州にお出ましです。

いきなり話は変わりますが 1DMKⅢ のリコール修理も終って戻って来ました。 
昔からAIサーボ(動態撮影モード)には期待出来なかった、撮る写真のほとんどがピンボケ・・・
小さな鳥では無理があるのかな? 
ワンショット(静物撮影)でも良くなかった、でも1DMKⅢになって マイクロアジャストメント(カメラ側からのレンズの焦点の微調整)に依って素晴らしく改善された。

前述の富士山では青空バックに黒い点が・・・1年くらい前からセンサーのゴミが取れ無いので有償を覚悟で修理に出しましたが、無償で良いですとの連絡が入りほっとする。
その後入ったCANONからのメールにはセンサーに付いた白くぼやけた白い点はグリスの飛びによる影響との事でリコールになりましたとか。 なるほど? 黒い点をダストシューターで飛ばしたら淡いぼんやりとした点に・・・ それで無料なんだ・・・かなり前から悩んでいたのに。 
CANONさんにはがっかりさせられる。

さてさて、愚痴はこの辺でお終いです。
連休には聞かれなかったコルリの囀りが早朝の5時過ぎには聞こえてる。
然しながら樹の上の方での囀りで全く姿が見えない。
f0135157_214597.jpg

クロツグミの撮影後にこるりさんがトイレに行くがすぐにカメラをとりに戻ってくる、コルリが出てると・・・
急いで駆け寄るとコルリがいきなり目の前の樹に止まった・・・
f0135157_20562697.jpg

f0135157_2141616.jpg

ほんの一瞬のことでカメラを立位置にするや飛ばれてしまう、(立位置なら新芽の赤い色が出たのに)

今度は水芭蕉の地べたにコルリが飛んでくるのが見えた!
うっそっー! ところがコルリの動きが早く、しかも水芭蕉よりもかなり小さいのでほとんど隠れてしまうので、思うようには撮れません、此処で頭の中は動態予測モードに・・・
何とか撮れました、大した写真でもありませんが、予期した写真が撮れたことが何よりも嬉しかった。
f0135157_2014195.jpg


折角の泊まりの鳥見が雨で台無しです。 悔しいのでちょっと寄り道を・・・
やはり雨と霧でもてなしてくれました。
鳥は左上のゴミのような二つの黒い点だけでした。
f0135157_21375244.jpg
f0135157_2138571.jpg

早上がりの、早い帰宅でした。孫の顔を見るなり買い物に、普段と違って量が大変!
脛かじりの娘にはあれも、これもと、辟易です・・・

by yoshiaki-satow | 2009-05-21 12:43 | 夏 鳥
2009年 05月 11日

コルリ

コルリに会いたくて、今日もふじ山です。
本当に難しいですね。 何が?って? 
渡ってくるのが今年は遅かったかな?。 
たぶん・・・ コルリの枝止まりはほんの2、3日では無いかと?
縄張り争いが終ってしまうと、藪の中に隠れてしまうのでしょう。

今日はすぐ近くの樹上で囀ってるのに全然見つかりません。
やっと見つかっても逆光で全く駄目です。
f0135157_20561272.jpg

テリトリーを獲得すると地べた専門です。 それも、コマドリに良く似てブッシュが大好き。
藪の中で囀る=Bush warbler =ウグイスもそうですね。 
Warbler にはムシクイの意味も有りますね。
数年前に同じ場所で、しかも目の前で、先日のコマドリのように、コルリのバトルを見ました。
f0135157_2113364.jpg

残念ながら、焼き付けたのは CF eye でしたので記憶を辿りました、そんな訳でお見せできません。
f0135157_21211771.jpg

完璧な晴天、空には・・・富士山の頂にも雲ひとつありません。
コルリは上機嫌で囀ってます。 必死に探すも見つかりません。

つぐみさん、先ほどまで娘との初孫メールに時間を費やして居たのに、流石です。
見つけた! の一言で諦めの倦怠感がすっ飛びました。
f0135157_21213365.jpg

此処のコルリ君、囀りを初めて暫くの間(15分位)同じ場所で自慢の喉を披露してくれるのです。
いやいや、驚きました。
IDMKⅢはリコール及びセンサーのゴミがどうしても取れず今週末まで出張です。
富士山2にノビタキの写真(ノートリ)をご覧下さい、青空バックに左上に小さな黒い点が・・・ どうしても取れないゴミなんです。 

by yoshiaki-satow | 2009-05-11 21:29 | 夏 鳥 | Comments(0)