野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ハイイロチュウヒ ( 52 ) タグの人気記事


2017年 12月 10日

Hichew

ハイチュウ
12月3日撮影分のラストです。
もう主だった在庫が有りません・・・

f0135157_17403646.jpg
f0135157_17434524.jpg
f0135157_17440156.jpg
f0135157_17444698.jpg
f0135157_17450395.jpg
f0135157_17451634.jpg
タイトルの Hichew (ハイチュウ) は私流 HDに保存するときのネーミングです.
添付画像を2000ピクセルにしてあります、画像上でクリックするとモニターに依っては少し大きな画像になります。
そして次に写真右下の🔍をクリックすると更に大きな画像になります。











by yoshiaki-satow | 2017-12-10 17:50 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 12月 09日

ハイイロチュウヒの塒入り

塒入りとしては、とてもサービスが良いのがメリットです(嬉しい!)
f0135157_17292956.jpg
f0135157_17323988.jpg
f0135157_17330304.jpg
f0135157_17332359.jpg
f0135157_17334197.jpg

そう言うところにカメラマンを引き寄せる魅力が有るのでしょうか?
塒に埋没するまでに、撮って~って!
3周ほど旋回してくれるのです。








by yoshiaki-satow | 2017-12-09 17:41 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 12月 08日

ハイイロチュウヒ塒入り

12月3日撮影
f0135157_16203125.jpg

f0135157_16222785.jpg
f0135157_16214083.jpg
f0135157_16230161.jpg
f0135157_16235664.jpg
同じような画像ばかりで、撮影も飽きてしまいます。










by yoshiaki-satow | 2017-12-08 16:38 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 12月 07日

ハイイロチュウヒ♂

12月3日撮影
この日は冴えない寒空の一日でしたがカメラマンでいっぱい!
毎度お馴染みの飛翔姿しか撮れません!!
f0135157_20292964.jpg
f0135157_20295624.jpg
f0135157_20301810.jpg
f0135157_20304870.jpg
f0135157_20310621.jpg
ハイチュウ♂は白いので、こんな曇天ではピントが外れやすくマニュアル併用のピント合わせがた~いへん。
14駒連写中のマニュピン合わせの極意!?
操作しましたが、出来たのか、出来なかったのかはご想像にお任せします・・・








by yoshiaki-satow | 2017-12-07 20:46 | 冬 鳥
2017年 12月 06日

ハイイロチュウヒ

11月27日撮影
生憎の曇り空の下。
f0135157_10210423.jpg
f0135157_10313411.jpg
f0135157_10342947.jpg
f0135157_10352382.jpg
帰還して300mオーバーランから塒入りまで30分
帰路は珍しく渋滞無しの快適ドライブでした。









by yoshiaki-satow | 2017-12-06 10:52 | 冬 鳥
2017年 12月 05日

ハイイロチュウヒ


毎度ハイイロチュウヒの飛翔姿です。
11月28日撮影
f0135157_19560805.jpg
f0135157_19563688.jpg
f0135157_19570416.jpg
f0135157_19572995.jpg
f0135157_19575710.jpg
曇天でも樹林バックで救われました。











by yoshiaki-satow | 2017-12-05 20:16 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 12月 04日

ハイイロチュウヒ

渡良瀬の塒入り2度目の挑戦、11月28日、曇天で最悪・・・
と、思いきや 曇天故に塒入りの時間が前倒しされた様で3時前に帰って来た。
f0135157_19395778.jpg
f0135157_19412884.jpg
f0135157_19421650.jpg
f0135157_19424806.jpg
f0135157_19431121.jpg
塒を通り過ぎて300メートルほど先で狩りをむさぼり、やがて塒場所に戻って来る、そして2,3回周遊して楽しませてくれた。
4時半前に退散・・・
帰りは地獄の首都高湾岸舗装工事で大渋滞でした。











by yoshiaki-satow | 2017-12-04 19:49 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 12月 03日

Manfurotto Nitrotech

早速雲台の初体験に出掛けて来ました。
首都高湾岸線に乗りベイブリッジを過ぎ、羽田を過ぎても渋滞も無く順調、東か北か?
確率の高い方の北を目指して、10時半に到着すると満杯のカメラマンに圧倒される。

写真は11月25日撮影
f0135157_21115023.jpg
f0135157_21172655.jpg
f0135157_21175124.jpg
f0135157_21181950.jpg
15:38 塒入り
f0135157_21185768.jpg
マンフロットの雲台ですが、早速我がヘボブログを見て頂いた多摩の鳥友さんが現地に着くや待ち受けて居てくれて
挨拶後に開口一番! 例の雲台は?
色々と説明後、3時半を過ぎても一向に現れない!? もしや? 不穏な空気が・・・
出ました! 数時間待って2,3分無事に撮影が終了。。。

雲台の感想:ザハトラにはネームバリューで勝るとも劣らず、実際の使用感でも劣るところも感じられず、絶対にお勧めです・・・
カウンターバランスは水平には戻りませんが、だらーんと上を向いたり頭が垂れたりせず離したところに固定して不具合は感じず
金額的な面からは素晴らしい出来具合に感じました。

帰りは渋滞が全くなく順調でしたが、最後に裏切られました、首都高湾岸線のつばさブリッジ(ベイブリッジんの川崎側)
5キロ手前でストップ、通過するのに1時間、利用者への配慮が全くなくナビで2キロ先に渋滞が発生の知らせだけでした。
東名などでは道路の路肩に車を止めて案内掲示板を出して居ますが、首都高は一切ありません(激怒)

追記:取説にはプロによる撮影を使用目的としてます。と記されてます。
   使用温度範囲:-15~+50℃
   保管温度範囲:-20~+60℃
   最大ガス圧:88バール(20℃時)(重量調整ピストンには窒素ガスが充填?)
   自重2.2㎏
とあります、利用者の責任でご使用下さい。











by yoshiaki-satow | 2017-12-03 21:40 | 分類なし | Comments(0)
2017年 12月 01日

ハイイロチュウヒ

先日車両保険更新通知の葉書が届いた、なんと今年よりも¥10.700.-アップなのだ、20等級で利用回数0なのに・・・
しかも折角ゴールド免許が取れたのに『免許証の色』の変更はご通知不要です。と書かれてる・・・
スバルへゴールド免許の旨を話すと、暫くして回答が、今度は昨年より¥5.390.-安くなった、そこで他社から見積もりをとった。
f0135157_20392014.jpg
f0135157_21255213.jpg
f0135157_21261932.jpg
f0135157_21264164.jpg
f0135157_21270654.jpg
2社から見積もりが届き その他の特約に積載物に保険が掛かるのを選ぶと¥30万と¥100万とあり(スバルにはこの特約が無かった)、30万だと昨年度のスバルよりも¥1¥1万ほど安い、100万のを選ぶと来年度のスバルゴールド免許と同等の金額になる。
撮影時には積載のカメラだけでも購入価格が400万を超える、なので今回からこの特約の多い方を選ぶつもりだ・・・
ちなみにCOOP推薦の保険会社で、団体割引が利いて全然安くなる、今迄随分と損をしたようです。










by yoshiaki-satow | 2017-12-01 21:40 | 冬 鳥 | Comments(0)
2017年 11月 30日

ハイイロチュウヒ

今日はヨドバシカメラ秋葉店へ ツアー
本日発売のEFレンズと新しい雲台を見に
f0135157_17205481.jpg
f0135157_17190067.jpg
f0135157_17211763.jpg
ジッツオのジンバル雲台(軽くて安い!ザハトラの半値)を触ってみたが、パンニングとチルトの強弱の調整が出来ないのでパス、
さらにマンフロットのビデオ雲台を勧められたので触ってみると、レンズの着脱が、特に外すのが非常にやり難い! 何度も試したがやり難い・・・
でもパンニングとチルトに調整機能があり数字表記(デジタル)ではなくアナログなので ある意味微調整が可能。
重さはザハトラに同等らしいが金額が更に安くザハトラのおよそ三分の一 駄目元でも良いからとレンズと共にゲット。





by yoshiaki-satow | 2017-11-30 20:19 | 冬 鳥 | Comments(0)