野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ライチョウ ( 8 ) タグの人気記事


2010年 05月 22日

ライチョウ

ライチョウを求めて・・・
此処でも残雪が多くてライチョウの声は聞こえてきませんでした。
カメラを担いで2キロ以上道を歩いて来ましたが、聞こえて来るのはカヤクグリだけ・・・
f0135157_2021890.jpg

f0135157_1042377.jpg
f0135157_10424648.jpg
f0135157_10425774.jpg

山の頂上付近には番が居たそうですが、とてもカメラウを担いで歩いては行けません。
f0135157_10503110.jpg

風景写真はケイタイでの撮影です。
昼で撮影を終えて帰路に・・・帰宅まで6時間掛かりました。

f0135157_1057466.jpg

今年は残念ながら空振でした、写真は上下とも去年のライチョウ♂です。 岩場、 飛翔シーン 共にノートリ画像です。

by yoshiaki-satow | 2010-05-22 10:39 | 留 鳥
2009年 05月 29日

ライチョウ

さて、去年のライチョウ親子に続きライチョウ♂狙いで2週に渡っての行脚(車ですけど)でした。

カラマツに止まった雷鳥の飛び出しを久し振りに待ちました・・・
疲れます、前述の如き、腕が鳴って? いやいや、疲れて耐えられません・・・
歳のせいかと失望してましたが、職業病?(稼ぎが無いので?違いますけど)だと思いきや気が楽になりました。
f0135157_2152330.jpg

待ちに待った飛び出しが?
撮れましたあ!
f0135157_2195859.jpg

f0135157_2111942.jpg
f0135157_21112750.jpg

なんと、この後はAIサーボも形無しでした。 
中央一点、周囲拡大9点で待ちました・・・
でも背景に焦点を取られてしまったようです。 中間はファインダー中央にゲットしてましたがアウトフォーカスでした。
ライチョウが目の前に飛んできて、慌ててファインダーに入れ直して何とかゲット出来ました!
f0135157_2112257.jpg

f0135157_21184915.jpg

この後もライチョウのトビモノを堪能させて頂きました。

市内に戻ってからの夕食時の
村岡さん こるりさんとの軽快な孫談義に新参者(5/9)の私も何とか置き去りにされず話の流れに乗れて良かったです。
こるりさん&お父さん、村岡さんと4人での祝杯はビールに甘口の日本酒(辛口を頼んだのですが、西の方は甘口なのでしょうか?)、ワインにチュウハイと充分に飲み干しました。
ヘビースモーカーの村岡さんには灰皿を渡さずに、禁煙での飲酒はきつかったでしょうね? 
酒は妙薬と申しますが、タバコは百害有って一利無し! 、是非とも絶煙してくださいね!
こるりさんのお父さん!いつも運転お疲れ様です!
ともあれ、楽しい一日をありがとうございました。

by yoshiaki-satow | 2009-05-29 22:00 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 29日

雷鳥

スキーヤーが・・・ ポーズを取ってますね。
リフトが無いので、行きは良い良い、帰りは恐い?
f0135157_2158284.jpg

イワヒバリです、囀りで追って、ようやく見つけました。
f0135157_220068.jpg

f0135157_2211466.jpg

遠いですね! こんな岩場を飛び回ってます。
f0135157_2214248.jpg

雷鳥が雪渓に降り立ちました。
f0135157_223331.jpg

f0135157_2242867.jpg

今度は岩の上に、鎮座してます。
f0135157_2252198.jpg

また飛んで来ました。
f0135157_2284736.jpg

f0135157_2293618.jpg

カラマツに無事着陸・・・
f0135157_22103291.jpg

次は飛び出しを待ちました。 
最近右腕が(肘)痛くて仕方ありません。歳のせいだと諦めてました。
そんな時、飛び出しを狙って必死にシャッターボタンに指を触れてる右ひじが疲れて、だらんと下ろした時に、この右腕の痛みの原因が分かりました。 シャッターボタン押しっ放し症候群でした・・・(^^)
また、どうやらセンサーのゴミ問題も、とりあえず見えないので解決したようです。

by yoshiaki-satow | 2009-05-29 21:58 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 29日

雷鳥

変な声で鳴きながらの飛翔です。
f0135157_20525963.jpg
f0135157_20532026.jpg

f0135157_20542179.jpg

f0135157_2055763.jpg

しっかりと両足に足輪が付けられてます。
色や位置によって年代が分かるそうです。
f0135157_20555480.jpg

f0135157_20584766.jpg
f0135157_20592812.jpg
f0135157_2102268.jpg

こちらは距離が15メートルほど、見下げです。
ロクヨン×1.3、ノートリミングです。
f0135157_2105342.jpg

f0135157_2124228.jpg

こちらは岩場で一人のんびり、彼女を探さないのかな?

by yoshiaki-satow | 2009-05-29 12:33 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 28日

雷鳥

先週は雪で通行止め・・・
今週は見事に晴天でしたが、落石で4時半に到着するもバスは8時過ぎの出発となりました。
現場に着いて、日焼け止めクリームを2度塗って面の皮が厚くなりました(^.^)
厚手のダウンの上着に皮手袋、それでも寒かった! 特に手が冷えちゃってカメラから手を離して暖めたりと・・・
ライチョウ♂は飛びながら妙な鳴き声を出します。 その鳴き声が雷の鳴るイメージから、雷鳥の名がついたそうな?
もちろん初見初撮りです、まだ白いのかなと思ってたら全くの夏羽でちょっとガッカリ。
f0135157_18543548.jpg
f0135157_18545649.jpg
f0135157_18553138.jpg

f0135157_1911675.jpg

♂がカラマツに降り立ちました。
f0135157_2029444.jpg

こちらは♀
f0135157_20355020.jpg

♂が♀に寄って行きます。
f0135157_20373060.jpg

♀の近くに寄ると羽を広げて・・・ ディスプレーです。
f0135157_20383040.jpg

残念ながら後姿で良くは見えませんでした。
f0135157_20402435.jpg

ディスプレーを終えて、♀が遠のきます・・・
f0135157_20423042.jpg

一方♂は首をうなだれちゃって、失恋でしょうか?
f0135157_20425126.jpg

ショボーン! 駄目だわ! ガクッ!

by yoshiaki-satow | 2009-05-28 19:01 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 24日

雷鳥

先週は雨にたたられて折角の一泊遠征も霧が峰で霧散してしまい台無しでした・・・

今週もめげずにリベンジしました・・・
土曜日は晴天に恵まれ(^^)ました。
f0135157_20493918.jpg

初見のライチョウ♂夏羽です。 
本当は白い羽を期待したのですが・・・・
眠ってばかりで目を開けてくれません。
f0135157_2255683.jpg

f0135157_22553534.jpg
f0135157_2256954.jpg

やっとお目覚め、右を向いたり左を見たり・・・
f0135157_22413043.jpg
f0135157_22414479.jpg
f0135157_22425533.jpg

体の割りに翼が小さいのに気が付きました。
年に一度の繁殖期にテリトリー争奪の時ぐらいしか飛ばないので大きな翼は必要ないのでしょうか?
その代わりに尾羽も目一杯広げて飛びます、そして囀りながらの飛翔です。

by yoshiaki-satow | 2009-05-24 20:57 | 留 鳥
2008年 08月 15日

ライチョウ

前夜は9時半過ぎに就寝。
12時半頃に暑くて目が覚める、エアコンの風量を弱から中へ、その後も暑くて強へ。
それでも暑くてエアコンをチェックしてみるとタダの風しか出てない。 何てこった! 
4時過ぎに起床。 7時過ぎに現場へ到着してカメラをセット中に三重県からライチョウ目的のご夫婦にライチョウの居場所を尋ねられ、指差しで昨日の場所を教えて差し上げる。
カメラのセッティング中にハエなのかアブなのか分からないが、小さな蜂?がカメラやレンズや三脚にたかって仕方が無い、三脚を触るとその虫が逃げないので潰れてしまい気持ちの悪いこと、アルコールティッシュで手を消毒。 その後カメラやレンズ、三脚にも虫除けのスプレーを噴射、カメラやレンズが白くなってしまったが効果はありました。

昨日の撮影場所に到着して暫く待つと100mほど先にライチョウが出てるのを、先ほどライチョウの居場所を教えてあげたご夫婦の奥さんが見つけて教えてくれる。

先方に子供が先に見つかる。
f0135157_20282685.jpg


その後、母親は岩の上に乗り子供達の安全を見渡してる。
f0135157_2031350.jpg


子供達が場所を移動するたびに母親も監視場所を移動する。 
f0135157_20323938.jpg


今度は大き目の岩に乗って監視を続ける。 我々にとっては願ってもない行動だ。
f0135157_20342974.jpg


またも違う岩に乗って我々を楽しませてくれる。 
f0135157_20361519.jpg


珍しく親子が近接して2ショットが撮れる。 
f0135157_2045668.jpg


今日のお母さんは岩の上がお気に入りの様子。
f0135157_20463913.jpg


この鳥の特徴はゆったりしてる事、デジスコカメラマンには最適の鳥さんだ。
動きもゆっくり、岩に止まれば10分も20分もじっとしてくれてる。
f0135157_20481646.jpg


岩を登るのにもこの通り。
普通の鳥ならピョンとひと飛び、ところがご覧のように長い足を伸ばしてどっこいしょ!
とても動きがゆっくりなのです。 
f0135157_20511480.jpg


岩を降りるときもスローモーション。
f0135157_2055271.jpg


次回は冬羽の真っ白な姿を撮ってみたいものです。

岩に乗ってる時はほとんど動かないので、通行の皆さんにファインダーを覗かせて上げると皆さん大感激! いつしかそんな感激の声を聞くのが私の大感激になってました。

レンジャーの皆さんバスターミナルの皆さんには撮影協力をして頂き感謝してます、ありがとうございました。

by yoshiaki-satow | 2008-08-15 20:37 | 漂 鳥 | Comments(6)
2008年 08月 15日

ライチョウ

冬羽のライチョウには興味は有ったが、夏羽のライチョウには興味は薄かった、家内の希望と友人からの情報であまり歩かなくても撮れると言う事で急遽決行。
バスターミナルの直下で撮れると! それなら自分の腰も何とか耐えられるのでは?
レンズの選定を悩んだが、結局オールラウンドで行くことに。 
現地に着いて結果は28-300、400を置いて600で挑戦。

パトロール隊員(レンジャー)から情報を得ようと近づいて話を聞くうちに先方で何やら人だまりがしてるのにレンジャーが気が付き、ライチョウが居るのでは?
50m先に行ってみるとライチョウの母子が居ました。
1枚撮るや否や霧が流れてきて霞んでしまう。

正面顔はまるで古代の恐竜を思わせる風貌、とても可愛いくは無い!
f0135157_18591398.jpg


霧もあっという間に去って草の合い間に母親が顔を出す。近すぎてノートリです。
f0135157_19111780.jpg


子供が4羽、草むらに沈んでなかなか見えないがやっと捉える。
f0135157_1926385.jpg


花の名前は分からないが良いところに姿を見せてくれる。
f0135157_1928111.jpg


前方で砂浴びをしてる、その傍らでは子供達も砂浴びをしてるようだ。
急ぎ向こう側へ回り最良の場所を得る。
f0135157_19294837.jpg


しばらくすると母の横に子供がやって来る。
f0135157_19312289.jpg


距離にして20m弱、草の陰から2羽の子供が姿を見せてくれる。
f0135157_1932179.jpg



母親が思わぬ方向へ、次第に近づいて来て十数メートルの距離に、ほとんど人を警戒する様子が見られない。 その後草を啄ばんでる。
f0135157_19373930.jpg



この後草むらから子供達を見守って、やがて姿が見えなくなる。
そして私達も散開。 バスに乗って下の駐車場へ45分、駐車場で自分の車に乗り換えて20分、無事に予約の温泉宿N館に到着。 

by yoshiaki-satow | 2008-08-15 20:18 | 留 鳥 | Comments(6)