野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:雲台 ( 1 ) タグの人気記事


2017年 12月 02日

マンフロット雲台 Nitrotech

マンフロットから野鳥撮影に実用的で安価な雲台がでました。
今日ヨドバシカメラから届きました。在庫不足との事で仙台から引っ張ってもらいました。

以下の取説にメーカーからの宣伝料は一切貰ってません!(笑い)

パンニングやチルトにカウンターバランスの強弱の調整が適当!?に出来る。
左前方より
右外の握り玉はカウンターバランス調整ハンドルでカメラとレンズの重量が0キロから8キロまで調整可能
中央クロームメッキのピストンが上下して上に上がるほど耐荷重(カメラとレンズの重量)がMax8キロに近づく
f0135157_15294630.jpg
右前方より
カウンターバランスハンドルの下にあるmanfrottoのロゴ入り丸いハンドルはチルトの強弱調整
(レンズを上下に振る)用で外側と内側(ロゴの部分)で調整する。
f0135157_17081756.jpg
左後方より
一番下縦縞のリングを左右に回すことでパンニング(レンズを水平に左右に振る)の調整が出来るリング。
全てがアナログなので数値に依る管理は出来ない反面、微調整が可能。
f0135157_17152091.jpg
兎に角価格が安い、ザハトラの1/3程度。重さは2.2キロ、マンフロットの516よりも全然軽く性能も、
たぶん・・・ザハトラに引けはとらないかも?
見た目もシンプル じゃ無いけど&赤色が良い・・・

ただただ難点が一つ、レンズの外し方に問題が、とにかくやり難い、右手親指で写真中央下のギザギザの(バーハンドル固定用)
左上のレバーを親指で押しながら右端のグレーのハンドルを人差し指で押すとロックが解除される。
ちょっと説明しにくい、慣れてしまえばね・・・
f0135157_17402069.jpg
兎に角実践するのが楽しみです、パンニング用リング右上のグリーンの水準器はボタン電池で照明機能付き。
まだ実践してませんが、今の調整段階では絶対にお勧めです!
金額的に失敗してもザハトラの比ではないので買ってみました。

それよりもこの写真を撮るのに・・・
レンズをズーム24-105やら85㍉やら、最後はTSE-24と、商業写真も難しいです。
TSEアオリ撮影のチルト&シフトを併用しました、思うようにパンフォーカスが出来ずたーいへん。
一番下の(上の)撮影は被写体まで20センチ前後、クイックシューを俯瞰したいのでシフトして、
手前左端から右端にピントを合わせるためにチルトすると左奥側のギザギザが犠牲になって・・・

今迄建築写真しか撮ってないのでチルトは初体験、難しいです!
もしお分かりの方が見て下さってましたら必殺技を教えて下さい。








by yoshiaki-satow | 2017-12-02 15:41 | 分類なし | Comments(0)