野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:分類なし( 69 )


2019年 02月 23日

暇に任せて

鳥撮りは休止してます、アクセス頂いてる皆さんにはたいへん失礼しております。
2月から別の整形外科に通っていますが五十歩百歩と言うところでしょうか。

三十数年前になけなしの小遣いを叩いて買った計算機が電池切れ(何度も交換してるので裏ブタのビスを紛失)、仕事でたいへん役に立ち重宝してました。(写真下段中央)
そこでボタン電池を買うのと計算機を買うのとどちらが安いかネットで調べたら¥350位しか変わらない、メッチャ安いので必要ないけど新調、古いのもにも愛着があるのでボタン電池も購入。

早速届いたので、ちょっと使用説明書をみて感じたのが、上段は普通の計算機、それと下段の計算機で同じ数式 1+2×3= を入力すると答えが上段9と下段7が出ました。
常識でしょう! と思われる方は無知な私を見過ごして下さい。私には新鮮かつ驚きで感動しました。

上段が普通の計算機、下段左下はスマホ、下段中央が愛着満点の古~い計算機 下段右下が新調した計算機
スマホは入れ替える度に数式の入力方が違い覚えきれない・・・
f0135157_20272715.jpg
下の写真はパソコンwindows10のスタートメニュウの電卓
f0135157_20483393.jpg
これもスマホや写真の計算機と入力方が違うので使ってません。
ちなみに古いのと新調のSHARPは同じ入力方で悩みなしです。

さて皆さんの計算機は普通、それともお利口さん?






by yoshiaki-satow | 2019-02-23 20:45 | 分類なし
2019年 01月 01日

謹賀新年

本年も宜しくお願い致します。
f0135157_05121104.jpg






by yoshiaki-satow | 2019-01-01 05:15 | 分類なし
2018年 12月 24日

遊び心

カメラ・レンズの安全及び盗難防止対策
以前、カメラの盗難防止策としてワイヤーに防犯ブザー等実用しましたが・・・
スイッチを切り忘れヘアピンカーブを走るとGが掛かり鳴り始めて、たーへん。

今回は私の撮り友さん二人が三脚にカメラをセットして歩き始めるとカメラが落下!?
ちょっとした不注意で修理代が10万円とか。
実は私も以前落下した経験があり、車から担ぎ歩き始めるとカメラ・レンズが脱落・・・植え込みのツツジに落下してセーフ!。
そこで簡易かつ安価の安全策を講じました。

カメラ雲台をザハトラにしてますが他の雲台では参考にして下さい。
先ずは部品です、ホームセンターの自転車部品売り場で盗難防止用のワイヤー600ミリと700㍉を購入(左端のアイボルトはM8を購入)

f0135157_17171929.jpg
ワイヤーを広げた写真
f0135157_17180919.jpg
雲台の左右にアイボルトを取付、ワイヤー600㍉をレンズ上部からアイボルトの通しロック、三脚を肩に担ぎ雲台からレンズが落下しても完璧に雲台にレンズ・カメラがぶら下り落下は免れます。
f0135157_17182277.jpg
ワイヤーには樹脂が被ってるので傷が付かない。
f0135157_17183409.jpg

そして700ミリのワイヤーを三脚に絡ませると、雲台からレンズを外しても三脚から分離出来ず、更にそのワイヤーとカメラのワイヤーとカメラバッグを連結するとレンズ・三脚・バッグが繋がってるので担いでの持ち去りは困難。
f0135157_17184641.jpg

ワイヤー700㍉の場合ロクヨンには少し寸足らず900ミリだとカメラバッグと直結出来ると思います。
このワイヤーだとレンズ、三脚に傷がつきにくいのと8ミリ(600ミリ)、9ミリ(700㍉)なので衝撃荷重に絶対に安全!
ちなみにワイヤーは各千円前後、アイボルトはメッキで2ヶ300円前後です。

ご参考までに・・・







by yoshiaki-satow | 2018-12-24 17:59 | 分類なし | Comments(0)
2018年 10月 11日

伊吹山ドライブウェイ

ドライブウェイ起点より8.1km地点とあります、ほぼ中間地点に近いところですね。
下り車線が完全に崩落してます、今期絶望的でしょうか。
f0135157_07192298.jpg
f0135157_07194201.jpg
伊吹山ドライブウェイfacebookより引用しました。





by yoshiaki-satow | 2018-10-11 07:35 | 分類なし | Comments(0)
2018年 02月 01日

皆既月食にUFO!?

昨日は早朝に連雀ツアーから富士山へ、そして帰宅後皆既月食の初撮り

風景や星空などの撮影は今迄皆無、夕食後に訳も分からずベランダにカメラをセット。
椅子に座り撮影を始めるとお月様は東南東から東南へ、しかも次第に頭上に移動してくる

とうとうベランダの屋根に隠れてしまい、慌ててカメラを担ぎ玄関から道路に出るが電線に邪魔をされ数十メートルほど移動
2時間ほどし初めてのインターバルタイマー撮影、初めは10秒、細かすぎて30秒に、ところがお月様の移動が思いのほか早く2,3枚切れてはレンズの位置を移動、意外に面倒だった。
気が付くと、UFO?が・・・
ジェット機であろう光の点滅がお月様をかすめて行く、あれぇー!
通り過ぎて慌てて機影を撮影、そして今DPPで画像の合成!
f0135157_20591485.jpg

ド素人の私には、やったね! って、感じ!
先ほど、前夜皆既月食の様子を教えた孫娘に電話、彼女たちは早々に眠ってしまったようだ。
思いのほか皆既月食の終わり(回復)が遅くしびれを切らしていると家内から電話、スリッパが玄関に無いし、玄関の鍵が開いてるし、どこに居るの? って。
加古川の鳥友さんからメールが、自宅前なのに一人寂しいが故の寒さに10時40分で打ち止め、寒かった!

でもジイジは頑張ったよ!

撮影データ:5D MK4 EF600/f4L IS2×1.4Ⅲ ISO 12800 SS 1/25 f5.6




by yoshiaki-satow | 2018-02-01 21:34 | 分類なし | Comments(0)
2018年 02月 01日

富士山

連雀狙いで山中湖へ、
f0135157_19415782.jpg
諏訪湖では4,5年振りに御神渡りとか、背後の街路樹宿木に連雀の姿は見られず、カメラマンも誰一人居ませんでした。
5D MK4 EF24-105 IS
過焦点距離の計算も関係なく経験則での絞りと前面の結氷にピンを置き、パンフォーカス撮影。


by yoshiaki-satow | 2018-02-01 19:47 | 分類なし | Comments(0)
2018年 01月 22日

河口湖にて

湯上りにリトライ、富士山を暗くして花火を少し明るく大きくしてみました。

f0135157_22511248.jpg

この程度ならDPPでもなんとか出来ますね。
撮影時に大きさを変えて、いろいろ撮ると良いかも?

でも良く見ると画像のダブリやアラが目立ちます。
実際にはインチキがすぐにばれてしまうでしょう。
ちょっと遊んでみました。




by yoshiaki-satow | 2018-01-22 22:58 | 分類なし | Comments(0)
2018年 01月 22日

真冬の花火

やっと時間が出来たのでいたずらに先日出掛けた河口湖の花火大会の画像処理を・・・

先日グンマーで知り合った方からのお誘いで真冬の花火大会へ出掛けると、先にカメラを構えた方に富士山と花火の撮影法を訪ねると親切に教えて下さった。
f0135157_21333278.jpg
なんと富士山に花火は合成写真ですよ! と・・・
それって!? インチキじゃないの?

で、近所の鳥友さんに画像の処理法を聞いたらDPPで出来ますよって!・・・

暇が出来ると考えも変わります!?
そこで、いま思い出しDPPを起動、出来不出来は論外として、5分でとりあえず真似事の合成写真が出来ました!

富士山と花火の原画です。
f0135157_21453683.jpg
f0135157_21460498.jpg
近々それぞれの明るさや位置関係を学ばなくては・・・









by yoshiaki-satow | 2018-01-22 21:50 | 分類なし | Comments(0)
2018年 01月 01日

賀正


f0135157_17380241.gif


by yoshiaki-satow | 2018-01-01 00:01 | 分類なし
2017年 12月 03日

Manfurotto Nitrotech

早速雲台の初体験に出掛けて来ました。
首都高湾岸線に乗りベイブリッジを過ぎ、羽田を過ぎても渋滞も無く順調、東か北か?
確率の高い方の北を目指して、10時半に到着すると満杯のカメラマンに圧倒される。

写真は11月25日撮影
f0135157_21115023.jpg
f0135157_21172655.jpg
f0135157_21175124.jpg
f0135157_21181950.jpg
15:38 塒入り
f0135157_21185768.jpg
マンフロットの雲台ですが、早速我がヘボブログを見て頂いた多摩の鳥友さんが現地に着くや待ち受けて居てくれて
挨拶後に開口一番! 例の雲台は?
色々と説明後、3時半を過ぎても一向に現れない!? もしや? 不穏な空気が・・・
出ました! 数時間待って2,3分無事に撮影が終了。。。

雲台の感想:ザハトラにはネームバリューで勝るとも劣らず、実際の使用感でも劣るところも感じられず、絶対にお勧めです・・・
カウンターバランスは水平には戻りませんが、だらーんと上を向いたり頭が垂れたりせず離したところに固定して不具合は感じず
金額的な面からは素晴らしい出来具合に感じました。

帰りは渋滞が全くなく順調でしたが、最後に裏切られました、首都高湾岸線のつばさブリッジ(ベイブリッジんの川崎側)
5キロ手前でストップ、通過するのに1時間、利用者への配慮が全くなくナビで2キロ先に渋滞が発生の知らせだけでした。
東名などでは道路の路肩に車を止めて案内掲示板を出して居ますが、首都高は一切ありません(激怒)

追記:取説にはプロによる撮影を使用目的としてます。と記されてます。
   使用温度範囲:-15~+50℃
   保管温度範囲:-20~+60℃
   最大ガス圧:88バール(20℃時)(重量調整ピストンには窒素ガスが充填?)
   自重2.2㎏
とあります、利用者の責任でご使用下さい。











by yoshiaki-satow | 2017-12-03 21:40 | 分類なし | Comments(0)