野鳥フレンド  撮り日記

satow719.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 29日

雷鳥

変な声で鳴きながらの飛翔です。
f0135157_20525963.jpg
f0135157_20532026.jpg

f0135157_20542179.jpg

f0135157_2055763.jpg

しっかりと両足に足輪が付けられてます。
色や位置によって年代が分かるそうです。
f0135157_20555480.jpg

f0135157_20584766.jpg
f0135157_20592812.jpg
f0135157_2102268.jpg

こちらは距離が15メートルほど、見下げです。
ロクヨン×1.3、ノートリミングです。
f0135157_2105342.jpg

f0135157_2124228.jpg

こちらは岩場で一人のんびり、彼女を探さないのかな?

# by yoshiaki-satow | 2009-05-29 12:33 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 28日

雷鳥

先週は雪で通行止め・・・
今週は見事に晴天でしたが、落石で4時半に到着するもバスは8時過ぎの出発となりました。
現場に着いて、日焼け止めクリームを2度塗って面の皮が厚くなりました(^.^)
厚手のダウンの上着に皮手袋、それでも寒かった! 特に手が冷えちゃってカメラから手を離して暖めたりと・・・
ライチョウ♂は飛びながら妙な鳴き声を出します。 その鳴き声が雷の鳴るイメージから、雷鳥の名がついたそうな?
もちろん初見初撮りです、まだ白いのかなと思ってたら全くの夏羽でちょっとガッカリ。
f0135157_18543548.jpg
f0135157_18545649.jpg
f0135157_18553138.jpg

f0135157_1911675.jpg

♂がカラマツに降り立ちました。
f0135157_2029444.jpg

こちらは♀
f0135157_20355020.jpg

♂が♀に寄って行きます。
f0135157_20373060.jpg

♀の近くに寄ると羽を広げて・・・ ディスプレーです。
f0135157_20383040.jpg

残念ながら後姿で良くは見えませんでした。
f0135157_20402435.jpg

ディスプレーを終えて、♀が遠のきます・・・
f0135157_20423042.jpg

一方♂は首をうなだれちゃって、失恋でしょうか?
f0135157_20425126.jpg

ショボーン! 駄目だわ! ガクッ!

# by yoshiaki-satow | 2009-05-28 19:01 | 留 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 24日

雷鳥

先週は雨にたたられて折角の一泊遠征も霧が峰で霧散してしまい台無しでした・・・

今週もめげずにリベンジしました・・・
土曜日は晴天に恵まれ(^^)ました。
f0135157_20493918.jpg

初見のライチョウ♂夏羽です。 
本当は白い羽を期待したのですが・・・・
眠ってばかりで目を開けてくれません。
f0135157_2255683.jpg

f0135157_22553534.jpg
f0135157_2256954.jpg

やっとお目覚め、右を向いたり左を見たり・・・
f0135157_22413043.jpg
f0135157_22414479.jpg
f0135157_22425533.jpg

体の割りに翼が小さいのに気が付きました。
年に一度の繁殖期にテリトリー争奪の時ぐらいしか飛ばないので大きな翼は必要ないのでしょうか?
その代わりに尾羽も目一杯広げて飛びます、そして囀りながらの飛翔です。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-24 20:57 | 留 鳥
2009年 05月 21日

やっとコルリに会えました。

コルリが撮りたくて富士山に通ったがまともに撮れなくて気持ちが晴れない。
今回はまた信州にお出ましです。

いきなり話は変わりますが 1DMKⅢ のリコール修理も終って戻って来ました。 
昔からAIサーボ(動態撮影モード)には期待出来なかった、撮る写真のほとんどがピンボケ・・・
小さな鳥では無理があるのかな? 
ワンショット(静物撮影)でも良くなかった、でも1DMKⅢになって マイクロアジャストメント(カメラ側からのレンズの焦点の微調整)に依って素晴らしく改善された。

前述の富士山では青空バックに黒い点が・・・1年くらい前からセンサーのゴミが取れ無いので有償を覚悟で修理に出しましたが、無償で良いですとの連絡が入りほっとする。
その後入ったCANONからのメールにはセンサーに付いた白くぼやけた白い点はグリスの飛びによる影響との事でリコールになりましたとか。 なるほど? 黒い点をダストシューターで飛ばしたら淡いぼんやりとした点に・・・ それで無料なんだ・・・かなり前から悩んでいたのに。 
CANONさんにはがっかりさせられる。

さてさて、愚痴はこの辺でお終いです。
連休には聞かれなかったコルリの囀りが早朝の5時過ぎには聞こえてる。
然しながら樹の上の方での囀りで全く姿が見えない。
f0135157_214597.jpg

クロツグミの撮影後にこるりさんがトイレに行くがすぐにカメラをとりに戻ってくる、コルリが出てると・・・
急いで駆け寄るとコルリがいきなり目の前の樹に止まった・・・
f0135157_20562697.jpg

f0135157_2141616.jpg

ほんの一瞬のことでカメラを立位置にするや飛ばれてしまう、(立位置なら新芽の赤い色が出たのに)

今度は水芭蕉の地べたにコルリが飛んでくるのが見えた!
うっそっー! ところがコルリの動きが早く、しかも水芭蕉よりもかなり小さいのでほとんど隠れてしまうので、思うようには撮れません、此処で頭の中は動態予測モードに・・・
何とか撮れました、大した写真でもありませんが、予期した写真が撮れたことが何よりも嬉しかった。
f0135157_2014195.jpg


折角の泊まりの鳥見が雨で台無しです。 悔しいのでちょっと寄り道を・・・
やはり雨と霧でもてなしてくれました。
鳥は左上のゴミのような二つの黒い点だけでした。
f0135157_21375244.jpg
f0135157_2138571.jpg

早上がりの、早い帰宅でした。孫の顔を見るなり買い物に、普段と違って量が大変!
脛かじりの娘にはあれも、これもと、辟易です・・・

# by yoshiaki-satow | 2009-05-21 12:43 | 夏 鳥
2009年 05月 19日

キビタキ

若でしょうか?
隣り合わせた年配のご夫婦の旦那さんと話しましたが、 今年はキビタキも少ないですね・・・と
私にはあちこちでキビタキの声が聞こえて来るので、 そんな事無いですよ! 
f0135157_19343114.jpg

私も一昨年辺りから感じ始めたのですが、キビタキは実に物真似上手なんですね。
何種類位の鳴き真似をするのか非常に興味があります。
チョットコイ!チョットコイ!(コジュケイの真似) ツクツクボーシ!ツクツクボーシ!((セミの真似) ケキョケキョ!(ウグイスの真似)他にクロツグミやオオルリの真似などが多いです  などなど。 
f0135157_19413640.jpg

そんな訳で、キビタキの囀りに騙されてるのです。
隣り合わせた旦那さんに、今の囀りは何ですか? と尋ねるとキビタキとは気が付きませんでした。
f0135157_19482493.jpg

あちらこちらに沢山来てます、耳を済ませてよーく耳を聞き澄ませてください、色々な鳴き真似してますよ。
そんなことが分かると鳥見が一層楽しくなります。
キビタキ♀が可愛らしい姿を見せてくれました。
f0135157_19544891.jpg

小さな身体で大きな囀りのミソサザイ、囀りも実に綺麗です。
f0135157_19583870.jpg

さて、コルリが撮りたーい! 
あちらこちらで囀りは良く聞こえます、然しながら姿が見つかりません。
かなりの数のコルリが間違い無く来てるようです。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-19 20:04 | 夏 鳥 | Comments(2)
2009年 05月 17日

コルリ

待望の初孫が我が家へ・・・ 当然つぐみさんの鳥撮りはお休み・・・ 私は一人羽を伸ばして来ました。
天気予報は雨・・・ 止めるつもりで居ましたが、行って来なさいよ!って・・・ 発破を掛けられて・・・
こるりさんご夫婦に相乗りとなりました。
運転の好きな旦那さんだから、助手席でおとなしく・・・ 時折欲求不満解決で運転交代

現地に4時半過ぎに到着、先着の大型バスからバーダーさんやカメラマンが続々と降りて来ては支度を。

今日は先週のリベンジでコルリが撮りたい!
バスの連中に遅れまいと早速カメラの支度を終えて5時出発です。
鳥の囀りは(^^)樹の上の方からよく聞こえますが姿は全く見えません。
一人で歩き疲れて暫く休んでいました。 そしてヤットコさ、歩き始めると、何やら黒い鳥が
f0135157_1957613.jpg

f0135157_2305259.jpg

f0135157_2325583.jpg

f0135157_18191955.jpg
f0135157_1820280.jpg

f0135157_1821993.jpg
f0135157_18213514.jpg

片足になって暫くの間右を向いたり、左を向いたり寛いでいました。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-17 20:27 | 夏 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 11日

コルリ

コルリに会いたくて、今日もふじ山です。
本当に難しいですね。 何が?って? 
渡ってくるのが今年は遅かったかな?。 
たぶん・・・ コルリの枝止まりはほんの2、3日では無いかと?
縄張り争いが終ってしまうと、藪の中に隠れてしまうのでしょう。

今日はすぐ近くの樹上で囀ってるのに全然見つかりません。
やっと見つかっても逆光で全く駄目です。
f0135157_20561272.jpg

テリトリーを獲得すると地べた専門です。 それも、コマドリに良く似てブッシュが大好き。
藪の中で囀る=Bush warbler =ウグイスもそうですね。 
Warbler にはムシクイの意味も有りますね。
数年前に同じ場所で、しかも目の前で、先日のコマドリのように、コルリのバトルを見ました。
f0135157_2113364.jpg

残念ながら、焼き付けたのは CF eye でしたので記憶を辿りました、そんな訳でお見せできません。
f0135157_21211771.jpg

完璧な晴天、空には・・・富士山の頂にも雲ひとつありません。
コルリは上機嫌で囀ってます。 必死に探すも見つかりません。

つぐみさん、先ほどまで娘との初孫メールに時間を費やして居たのに、流石です。
見つけた! の一言で諦めの倦怠感がすっ飛びました。
f0135157_21213365.jpg

此処のコルリ君、囀りを初めて暫くの間(15分位)同じ場所で自慢の喉を披露してくれるのです。
いやいや、驚きました。
IDMKⅢはリコール及びセンサーのゴミがどうしても取れず今週末まで出張です。
富士山2にノビタキの写真(ノートリ)をご覧下さい、青空バックに左上に小さな黒い点が・・・ どうしても取れないゴミなんです。 

# by yoshiaki-satow | 2009-05-11 21:29 | 夏 鳥 | Comments(0)
2009年 05月 08日

サンショウクイ

ピリリピリリとサンショウクイの囀りが聞こえて来ました。
空抜けで色合いも何もありません、とりあえず証拠写真を撮らなくては・・・
f0135157_2038388.jpg

ナント? 身体は下向き、頭は上向きなんです、人間だったら墜落してますね。
f0135157_20383721.jpg

さくーら ♪ は未だかいな? ♪ そうなんですよ!まだ小さな蕾でした。
そんな桜の樹ににサンショウクイが止まりました。 
その枝の下3、4メートルの所にはこるりさんの旦那さんがベンチに座ってます。
お願いだから動かないでぇ! それから暫く桜の蕾を啄ばみ始めたと思って賢明に撮影してました・・・
f0135157_20394548.jpg

f0135157_20404546.jpg
f0135157_20413019.jpg

f0135157_23292035.jpg
f0135157_23302100.jpg
f0135157_23303299.jpg
f0135157_23311527.jpg

f0135157_20224412.jpg

どうやら、桜の蕾ではなく虫の葉に包まった幼虫を取っていたようです。
サンショウクイが出たとの情報を聞いてずっと待ちました、私達3人だけで・・・

今回の撮影行は徹夜の日帰り25時間のうちの半分以上が車での移動で撮影はその半分以下でした。
最近は次第に徹夜や深夜の出発が厳しくなります。あとどのくらい続けられるのでしょうか?
でも、珍しくて興味の引かれる鳥さんが出ると、ツイ辛さを忘れて出掛けてしまう。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-08 06:25 | 夏 鳥
2009年 05月 07日

水芭蕉

こんなに沢山の、しかも満開の水芭蕉は初見でした。
f0135157_19255928.jpg

f0135157_19282939.jpg

f0135157_1929577.jpg

アカハラが水芭蕉の群生の中を散歩してます。 
f0135157_19311676.jpg

f0135157_193343.jpg

この辺りは鳥撮りのカメラマンよりも花見客の方が多くすれ違う度に三脚を狭めて邪魔にならないよう気を遣う。  この辺りに居る鳥はキビタキ、コサメビタキ、アカハラ、カラ類、ニューナイスズメなど、コルリは来てないようだ。 キビタキの囀り(物真似)の勉強になります。
チョットコイ、チョットコイ! とか、ツクツクボーシ、ツクツクボーシとかセミの真似をしたり、はたまたクロツグミの真似とか? くれぐれも騙されないように?
何種類もの鳴き真似をします、良ーく 耳を澄ませて聞いてみてください、面白いですよ。
残念ながら此処でのキビタキが無くて、新芽にウグイスです。
f0135157_1943307.jpg

ミソサザイもあちらこちらで囀り喉自慢をしてます。
f0135157_19452823.jpg

聞きなれない囀りを探すと・・・ アオジでした。
f0135157_19465382.jpg

ノジコもまた聞きなれない囀りです。 年に一度しか聞けないので毎年忘れてしまいます。
f0135157_19483559.jpg

枝が混み合っていてなかなか良いのが撮れません・・・
f0135157_19501222.jpg


樹の名前は知りませんが、きっとキバシリが来る! と信じてあちらこちらの樹に、目を配り目を凝らしていると隣の若い方がキバシリ!とつぶやく・・・
私もほぼ同時に目に入り大きな声で キバシリッだっ! と皆に知らせる。
f0135157_19532124.jpg

これでノートリミング、小さくて見つけ難いですね。
f0135157_1955825.jpg

ゴジュウカラもピーッピーッとあちらこちらで囀ってます。
f0135157_1956860.jpg

さて、次は本場のサンショウクイ(渡りではなく本場のは4、5年ぶり?)
ほぼ、初撮りでした。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-07 20:02 | 留 鳥
2009年 05月 06日

信州へ

行きは良い良い帰りは恐い! 信州へ恐いながらも行って来ました。
夜行日帰り25時間の行程は最近の私にはきつい。 25時間のうちの半分以上が車の中・・・
運転は4割程度でラクチンzzz、でも助手席はお尻が痛くなって辛い、反って運転の方が楽な場合も・・・
朝の5時から撮影開始、終了は夕方の4時半。
1、000円の通行料金だから流石にあの渋滞でも文句は出てないようだ、ガマンガマン!

ノジコが見たいな! と思ったらアオジの囀りでした。 
関東の低地では冬場に見られる漂鳥のアオジも地無きのチッチッ、信州では繁殖のため囀りが聞かれる。
f0135157_9595896.jpg

f0135157_12135078.jpg

f0135157_12251229.jpg

アカゲラが営巣の準備に忙しい。
f0135157_12151253.jpg

f0135157_12161951.jpg

f0135157_12272011.jpg

こちらのニューナイスズメも繁殖期で巣作りに忙しく、アケゲラと巣穴の獲得に攻防を繰り広げてる。
f0135157_12165574.jpg

f0135157_12204872.jpg

f0135157_122947100.jpg

このほかに、水芭蕉にアカハラ、桜にサンショウクイ、キバシリ、わずかにノジコなどが撮れました。
中でもサンショウクイは桜の木(つぼみでは有りますが)に止まってくれてラッキーでした。

# by yoshiaki-satow | 2009-05-06 12:40 | 夏 鳥